2017年12月 3日 (日)

リアップお試し4か月

20171102_212430  発毛剤のリアップを使い始めてから、本日でまる4か月が経ちました。左が先月、2017年11月3日の状態であります。8月から9月にかけては、かなりの発毛効果が見られましたが、10月と11月には停滞。しかも副作用と思われる体重増加もあり、「こんなのやってても意味ないんじゃねえかなあと思っておりました。
 しかし、これまで結構な金額をつぎ込んで来た上に、薬の取扱説明書によれば、4か月継続して使う必要があるとのことで、なんとか我慢してここまで使って参りました。

 いつもの床屋へ行き、先月と同じ長さに切りそろえてもらい、どきどきしながら写真を撮ってみました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月27日 (月)

太陽・月・星のこよみ

「2018年版(平成30年)太陽・月・星のこよみ」公益財団法人国際文化交友会

 毎年この時期にご紹介している、先生方に絶対お勧めのカレンダー。今年も発売となりました。弊誌でも「季節の便り」を作成する際や、Twitterでの情報配信の際に参考にしている、魅力満載のカレンダーです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

むかしのこども

「むかしのこども」五味太郎:著(ブロンズ新社)

 絵本選びのポイントは、いくつもあります。その中で、最も簡単で最も確実なポイントは、発行年月日の古さです。書店の棚に限りがある以上、いくら返品可能とはいえ、発行された書籍を無限に置いておくことは不可能です。それゆえ、長年書店に置かれ続けている絵本は、それだけずっと評価されてきた本と言えます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月16日 (木)

総合教育技術 2017年 12月号

「総合教育技術 2017年 12月号」(小学館)

 総力大特集は「新学習指導要領『社会に開かれた教育課程』を、どう実現するか?」となっています。「カリキュラム・マネジメント」「地域社会との連携・協働」「主体的・対話的で深い学び」といったテーマを設定し、学者、教育委員会、学校現場に幅広く取材しています。
 特に香川県と神奈川県の学校の事例は具体的で参考になるのではないでしょうか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

ヒトは「いじめ」をやめられない

「ヒトは「いじめ」をやめられない」中野信子:著(小学館新書)

 教育関係者を中心に、多くの方々によっていじめ撲滅に向けた努力がなされています。にもかかわらず、いじめが原因と思われる事件やトラブルは後を絶ちません。このような現状から、本書のタイトルを読むと「やっぱり、いじめはなくならないよな」という気分になりがちです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

算数の図鑑

「算数の図鑑: 小学生のうちに伸ばしたい数&図形センスをみがく」キャロル・ヴォーダマン:著/子供の科学:編集(誠文堂新光社)

 本書は書名の通り、算数で扱う数と図形の内容をイラストと文章で説明した「図鑑」です。
 もともとは、イギリスの出版社(ドーリング・キンダースリー社)が出版したものなので、日本の学習指導要領を超えた内容もあります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

リアップお試し3か月

Photo

 リアップを使い始めてから、まる3か月が経ちました。左が使い始める前、2017年8月3日の状態であります。

 それから1か月経った、2017年9月3日の状態について書いた記事がこちら。さらにもう1か月使った2017年10月3日の状態がこちら。9月から10月にかけては正直停滞でしたが、はたして今月はどうだったのか……。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

君たちはどう生きるか

「漫画 君たちはどう生きるか」吉野源三郎:著/羽賀翔一:イラスト(マガジンハウス)

 本書は言わずとしれた吉野源三郎さんの同名の名著を、漫画をベースにしてリライトしたものです。初版は1937年と戦前の本ではあるものの、内容はまったく古くありません。話題として取り上げられているテーマは、思考、教養、勇気、いじめ、貧困など、現代にもつながっています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

総合教育技術 2017年 11月号

「総合教育技術 2017年 11月号」(小学館)

 総力大特集は「どう進める?新学習指導要領『教科横断的な学び』と『カリキュラム・マネジメント』」です。教科横断型カリキュラム・マネジメントに必要な視点と具体策を、無藤隆先生と田村学先生が解説しています。
 理論的な話ばかりではなく、教科と教科、単元と単元をつなぐ全国の先行5事例のレポートが掲載されています。とはいえ、当然ながら、まだ本格的に取り組んでいる公立学校は少ないですから、中高一貫校や教育委員会のお話が中心となっています。
 この中で目を引くのが、やはり長年カリキュラム・マネジメントに取り組んでいる千葉県の北条小学校の事例でしょう。こちらは必読の内容かと存じます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

新学習指導要領時代の間違えないICT

「新学習指導要領時代の間違えないICT 総合教育技術 増刊」堀田龍也:編著(小学館)

 新学習指導要領が話題になる中で、「プログラミング教育」「デジタル教科書」「校務支援システム」など、学校とICTをめぐる話題は、かつてなく盛り上がっています。数多くの商品が発売され、様々な情報が飛び交う中で、どういう考えで、何を選び、どう使えばいいのか分からないという方も少なくないことでしょう。
 本書は、そうした先生方や教育委員会の方に向けて出版されました。中央教育審議会の情報部会をとりまとめ、学校におけるICT環境整備の在り方に関する有識者会議の座長を務めた堀田龍也先生の編著です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«中学野球太郎