2017年3月27日 (月)

まんがで知る教師の学び2

「まんがで知る教師の学び2――アクティブ・ラーニングとは何か」前田康裕:著(さくら社)

 本書はタイトルに「2」とある通り、「まんがで知る教師の学び」の続編です。前の本は「これからの学校教育を担うために」というサブタイトルが付けられている通り、授業の進め方、教材研究の仕方、教育技術の考え方、力量形成の道筋、校内研究の進め方など多様な内容を扱っていました。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月19日 (日)

総合教育技術 2017年 04 月号

「総合教育技術 2017年 04 月号」(小学館)

 今月の第1特集は、「新学習指導要領スタートプラン」。新しい学習指導要領案の中で、重要な要素となっている「カリキュラム・マネジメント」「資質・能力」「主体的・対話的で深い学び」について、識者の言葉を掲載しつつ、各地の実践校を取材して、その姿を具体的に示しています。
 この特集が秀逸なのは、「カリキュラム・マネジメント」「資質・能力」「主体的・対話的で深い学び」について、最低でも数年は取り組んでいる学校を取材先に選んでいることです。中には数十年も取り組んでいる学校もありました。
 もちろん、一概に長年やればいいというものではありませんが、付け焼き刃でない実践に基づくお話は、やはり傾聴に値するものが多いように感じます。これから取り組もうとされる管理職の方には参考になる記事ではないでしょうか。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

「ほめる」ポイント「叱る」ルール「認める」心得

「子どもの心をつかむ! 指導技術 「ほめる」ポイント「叱る」ルール あるがままを「認める」心得」南恵介:著(明治図書出版)

 「褒めると叱る」については、永遠のテーマと言ってもいいでしょう。最近は、教育書だけでなく、育児書でもビジネス書でもこのテーマの本が非常に多く出されています。
 ありていに言ってしまえば、「人を育てるためには、どちらも必要」ということになるでしょう。しかし、それでは本になりません。本書の価値は「認める」という世界観をベースにして、褒めることと叱ることを位置づけたことにあると思います。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

想像力のスイッチを入れよう

「想像力のスイッチを入れよう (世の中への扉)」下村健一:著(講談社)

 本書のタイトルと同名の教材が、教科書(光村図書発行平成27年度版小学校国語教科書5年銀河)に掲載されています。ここで言う「想像力」という言葉は、教科書のそれと同じです。メディアから送られてくる情報を受け取る場合、目の前にある事象を説明するために情報を発信する場合に必要となる「想像力」。それには、どんなものがあり、どうすれば身につくのでしょうか。本書は、子供たちと一緒に、授業形式で実践的に書いています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 9日 (木)

教室の整理・収納・動線のルール

「学級が落ち着く 教室の整理・収納・動線のルール」安村晃子:著(学事出版)

 本書はタイトルの通り、小学校の学級の整理整頓のポイントとルール、コツを解説した本です。教室の整理整頓をしておくことは、しつけや道徳的な意味ではなく、それによって学級が落ち着くといいます。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 6日 (月)

仕掛学

「仕掛学 人を動かすアイデアのつくり方」松村真宏:著(東洋経済新報社)

 大辞泉で「仕掛け」という言葉を引くと、次の意味が示されています。

  1. 相手にしかけること。先に攻撃などをすること。「敵の仕掛を待つ」
  2. 目的のために巧みに工夫されたもの。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月27日 (月)

ミライの授業

「ミライの授業」瀧本哲史:著(講談社)

 タイトルになっている「ミライの授業」というのは、未来について授業したわけではありません。著者の瀧本さんが中学生に行ったのは、未来について考えるための授業です。
 では、どんな授業を行ったのでしょうか。本書の帯には次のように書いてあります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月20日 (月)

わたしたちの「撮る教室」

「わたしたちの「撮る教室」」小寺卓矢:著・写真/石川晋:著/石川学級41名の生徒たち:著(学事出版)

 本書は写真家の小寺さんが、石川晋先生の学級の様子を撮影した写真絵本です。本書ができた経緯、子供たちの様子などについて、共著者である石川晋先生がご自身で語っています。動画は教職ネットマガジンで期間限定で無償公開されていますので、ぜひご覧ください。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月17日 (金)

総合教育技術2017年03月号

「総合教育技術 2017年 03 月号」(小学館)

 今月は3つの特集で構成されています。
 まず最初は、「新学習指導要領答申徹底分析」ということで、今回の学習指導要領策定に中心的に関わった無藤隆教授、天笠茂教授、市川伸一教授、文部科学省の大杉室長に話を聞いています。
 おそらく、今新学習指導要領を考える上でのオールスターキャストです。この記事ができた時点では、指導要領の文言は公開されてはいないものの、この記事の文章と、今般公開された新学習指導要領を照らし合わせれば、どんな背景から、何をねらってどう書かれているのかがよくわかる構成になっています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月13日 (月)

自分の顔が好きですか?

「自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学」山口真美:著(岩波ジュニア新書)

 本書はサブタイトルに「「顔」の心理学」とありますが、話題になっている内容は、心理学に留まりません。社会学的な側面、医学的な側面など、かなり広範囲な学問分野から「顔」の不思議について解き明かしています。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«うつヌケ