« 新書ブームに思う | トップページ | 米米ワールド »

2007年6月18日 (月)

ITを自由自在に活用するヒント

漫画で納得 あなたの授業が大変身! ITを自由自在に活用するヒント」 熊本大学教育学部情報教育研究会著(明治図書)

書名から「『授業にITをばりばり使おう』という中身の本なのでは?」と想像された方もおられるでしょう。けれどこの本の主張はその逆で、「ITを使うからこそ授業のねらいをはっきりさせよう」というものです。このことを説明するために、この本では様々な工夫がされています。

まずこの本には、全部で4つの章があり、それぞれの章は、5~9つの節で構成されていますが、特徴的なのは、それぞれの節を束ねる導入マンガとも言うべきマンガがあることです。マンガを使った本は、さして珍しくもありませんが、この導入マンガはすぐれもの。非常によく考えられた、失敗例・悪用例がたくさん挙げられています。
とかく教育書というと、うまくいった例や理想的な内容ばかりが取り上げられがちです。しかし、それではあまり参考になりません。この本のマンガは、「たしかにそういう失敗をしがちだなあ」と思わせる内容になっています。ここに例として取り上げたマンガの写真は判読しにくいと思いますが、国語の授業で映像に頼りすぎ、肝心の言葉の検討がおろそかになってしまった、という内容です。

もうひとつ「すばらしいなあ」と思ったのは本書の編集です。奥付を見ると、なんと17人もの先生が執筆に関わっておられるのですが、こうした場合、内容にばらつきが出るものです。上で触れた導入マンガや、本文中に挿絵的に使われているマンガが的確に文章表現を補っているために、書籍全体の統一感が取れています。原稿をここまでまとめ上げるのに、編集の方はかなり苦労されたのではないでしょうか。

最後に、これだけの良質な実践がつまっているこの本で、残念なことが1つありました。
それは索引がないこと。索引があれば、見たいところだけ見るという、事典的な使い方ができるのになと思いました。
いずれにせよ、情報機器を授業のねらいに応じて適切に使おうと考える先生にとっては、とても参考になる本です。

|

« 新書ブームに思う | トップページ | 米米ワールド »

教育書」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/45933180

この記事へのトラックバック一覧です: ITを自由自在に活用するヒント:

« 新書ブームに思う | トップページ | 米米ワールド »