« くちぶえ番長 | トップページ | サンタクロースってほんとにいるの? »

2007年12月10日 (月)

太陽・月・星のこよみ

Calendar 「太陽・月・星のこよみ」企画・製作:財団法人国際文化交友会月光天文台

わが家のトイレには「太陽・月・星のこよみ」というカレンダーが掛けてあります。子どものいる家庭におじゃますると、トイレに教育漢字の一覧やアルファベットが貼ってあったりしますが、もともと我が家も、天文に興味を持つ子になって欲しい、くらいの気持ちで購入しました。購入し始めて4~5年経ちます。肝心の娘は、すでに興味を失っているようcryingなのですが、私はこのカレンダーに、すっかりはまってしまいました。

たとえば本日12月10日は何の日かご存じでしょうか。たいていの暦には「大安」くらいしか記載されていないと思いますが、実はかなり盛りだくさんの一日なのです。

  • 新月・大潮
  • 世界人権デー
  • ノーベル賞授与式
  • 小つち
  • 三りんぼう
  • 1992年 島根県に三保関隕石が落下

これまで私自身、天文知識に乏しいということもありましたが、このカレンダーを購入するようになって、非常に勉強になりました。たとえば、満月の日が大潮というのは知っていましたが、新月の日もそうだとは知りませんでした。月の引力で大潮が発生するのですから、考えてみればあたりまえなんですけどね。
それから昔からのこよみに記載された様々な「暦注(れきちゅう)」です。大安や仏滅は知っていても、今日がそうだと言われる「小つち」「三りんぼう」の正確な意味は知りませんでした。ほかには「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」などがあります。迷信と言ってしまえばそれまでですが、昔から言われていることには一定の合理性があると思って、意味を知ってからは、製品の発売や発売告知、発表会の日程や、書籍の出版日などを決める際に参考にしています。

Calendar2 また、このカレンダーは、美しい天文写真とともに、裏側も楽しめるようになっています。星座の位置、天文観測のガイド、天文・気象コラム、満ち潮・引き潮の時刻が、毎月記載されています。1月のカレンダーの裏には、2月の情報が記載されているので、前の月をはがすと、翌月使える、というすばらしい配慮がなされています。

今年はノベルティのカレンダーではなく、気の利いたものを購入してみようかと思っておられる方には、ぜひおすすめしたいカレンダーです。

|

« くちぶえ番長 | トップページ | サンタクロースってほんとにいるの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/45933234

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽・月・星のこよみ:

« くちぶえ番長 | トップページ | サンタクロースってほんとにいるの? »