« シューカツ! | トップページ | 「空気」の研究 »

2008年12月 1日 (月)

人を動かす秘密のことば

「人を動かす秘密のことば」前田知洋著(日本実業出版社)

著者の前田さんをご存じでしょうか。名前は知らないけれど、テレビで見たことがある、という人が多いのでは、と思います。私もそうでした。非常にハキハキとして巧みな会話を操りながら、鮮やかなテーブルマジックを操るマジシャン、という印象があります。

こうした一流のマジシャンが書いた言葉に関する本、しかも、言葉で人をだますのではなく、動かすとは? ということで興味を持ちました。

マジシャンがなぜ言葉を大切にするかという疑問に対して、前田さんは「まえがき」で端的に説明しています。要点を変えずに若干変更して引用します。

「マジックで失敗したことはありますか」とよく聞かれます。もちろん失敗はありますが、一般の人にはそれがわかりにくいという特徴があります。マジシャンは失敗に気づいたら、観客に気づかれずにトリックの内容を変更できるからです。しかし、言葉での失敗は取り返しがつきません。トランプの順番をすべて記憶していそうなマジシャンが、観客の名前を間違えてしまえば苦笑いされてしまうでしょう。セリフの選択を間違えただけで、ショー全体を台無しにしたマジシャンは、歴史の中に幾人もいます。

このように改めて説明されると、マジック・ショーは、言葉も重要な構成要素なのだということが実感できます。この「言葉が重要」というのは、マジックに限らず、およそ人に会う仕事のすべてで共通して言えることでしょう。本書では、一流マジシャンである前田さんの、言葉に関する体験とそこから学ぶべき教訓が語られています。読みながら「なるほどなあ」と思えることがたくさんありました。

たとえば本書冒頭でのエピソード。一昔前の手品で常套句だった「タネも仕掛けもありません」という言葉は、現在は全く使われないそうです。古くさいからではなく、「タネも仕掛けも~」と言ってしまうと、逆に観客は、タネや仕掛けを想起してしまうからだそうです。確かに「私は怪しくありません」なんて言う人は、たいてい怪しまれます。このことが示す教訓は「余分なことは言わない」だそうです。う~む、実に身につまされます。

それから、正確な言葉よりも伝わる言葉の方が大切、という説明にもうなりました。

観客の前でトランプの封を切ったときに、私は「新品のカードは、順番に並んでいるので、余分なカードや足りないカードが混じっていても、すぐにわかります」というセリフを使いますが、この日本語は正しくありません。足りないカードは、入っていないからこそ足りないからです。しかし、このセリフを使い続けているのは、「ないものをある」という不可解さが、マジシャンのキャラクターを潜在的に観客に感じてもらうことに、一役買っているからです。

これは口語ならではの言葉の働きなのでしょう。言葉は、正しければ伝わる、正しくないと伝わらない、と考えがちですが、実はそうでもないのですね。意図的に正しくない日本語を使っている、というところに驚きました。

最後に、「マジックをする理由」という説明にも感動しました。話し方や文章の書き方を説明した本は、星の数ほどありますが、その表現する意味について言及した本は、さほど多くはありません。伝える意味を考えなければ、いくら作法を身につけても虚しいだけです。

私はマジックをするとき、その理由を求め、頭の中に描きます。それは「そのときに、観客を好きになる理由」と述べてもいいかもしれません。「好きなふりをする」よりも「実際に好きになる」ほうが、ずっと自然だからです。「切れたロープがつながる」というトリックは、物理に反した現象だけ観客に提示しているわけではありません。誰しもが望む、壊れた愛情や友情が復活して欲しいという願望をシンボライズしたものです。

マジックが、人の気持ちをシンボライズしたもの、というのは、ちょっと意外でした。確かにマジックショーで私たちは見事にだまされるわけですが、いやな気持ちにはなりません。むしろ楽しい気持ちになれます。だますけれど楽しませる──これこそがマジックのねらいなのでしょう。

前田さんは、日本よりむしろ海外で活躍されているマジシャンとのことで、輝かしい賞をずいぶん受けられているそうです。それは、外国語の能力はもちろんですが、常に観客のことを考えるというスタンスがあったらかだと思いました。行間から前田さんの人柄があふれている一冊です。

|

« シューカツ! | トップページ | 「空気」の研究 »

ビジネス書」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/45933345

この記事へのトラックバック一覧です: 人を動かす秘密のことば:

« シューカツ! | トップページ | 「空気」の研究 »