« プロジェクターの活用 | トップページ | プリンターの活用 »

2009年1月 3日 (土)

挫折と怒りと諦めと

年末年始のつぶやき【その4】

実は先月の初め、ノーベル賞の授賞式に合わせ、このブログで

「消えた反物質」小林誠著(講談社ブルーバックス)

と、かっこよく紹介するつもりでおりました。ではなぜご紹介しなかったか──いえ、実はしたくてもできなかったのです。完全に挫折しました。

ああ、どうしてこんな難しい本を購入してしまったのでしょう。この金色の帯に吸い寄せられて、魔が差したとしか思えません。完全に文系の私なのに。
とはいえそれでも、結構頑張って読みました。

原子を構成する原子核と電子について、相対性理論と矛盾しないようにとらえなおすと、通常の電子と異なり、+(プラス)の電極を持った「陽電子」が存在しなければならない。そうした反対の性質を持つ物質を「反物質」という

といったあたりまでは、なんとか理解できたのです。しかし、クォークやニュートリノなどの素粒子の話になるとわけがわかりません。たとえばニュートリノは電荷も質量も持たない、というのですが、そうすると物質に質量があるのはどうして?? 読み進むうちに、算数をさぼった中学生の数学授業のような気分になってしまい、読み進める意欲を完全に失ってしまったのです。
このブログでの挫折は、「統計学がわかる」以来2度目ですが、今回はいわば不戦敗。手も足も出ませんでした。恥ずかしい限りです。

Boshoseki 一方怒りはしょっちゅうあります。およそ毎月1冊は、怒りにまかせて捨てていますが、今回偶然1冊残っていたので撮影してみました。この本は、教育関係の本だったのですが、本当にひどい。関係者にちょっと取材すれば分かることなのに、ろくに調べもせず、印象だけで無責任なことを書き散らかしているのです。こんな本に800円近く使ったかと思うと、くやしくて涙が出ます。
昨年は、特に後半こうした「ハズレ本」に遭遇しました。「被害状況」は、こんな感じです。

  • 有名作家が「これが復刊されて死ぬほど嬉しい」というから、どんなにいい本かと思って購入したら、妄想系でついてゆけなかった
  • いやな予感のタイトルではあったが、著者は有名学術出版社から本を出している言語学者。信じて買ったら根拠薄弱のトンデモ本だった
  • インパクトのあるタイトルの本で、有名大学に勤める社会学者が書いた若者論。伝聞情報に自説を重ねるという乱暴な論理展開に辟易

とはいえ、「新書ブームに思う」の記事でも書きましたが、最近はこうした無責任本が少なくあIkari_hon_2 りません。このブログは、原則として批判はしない、というポリシーでやっているだけに、昨今の粗製濫造気味の出版界に、諦めに似た気持ちを持っています。

初詣では、今年こそ、挫折も怒り諦めもない一年が過ごせるように、とお祈りしました。

|

« プロジェクターの活用 | トップページ | プリンターの活用 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/45933358

この記事へのトラックバック一覧です: 挫折と怒りと諦めと:

« プロジェクターの活用 | トップページ | プリンターの活用 »