« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月29日 (月)

ポジティブコミュニケーションカード

中学校学級担任のための ポジティブコミュニケーションカード CD-ROM付」上條晴夫編/池田修・石川晋・築田周一著(民衆社)

書店の教育書コーナーに行くと、「イラスト集・テンプレート集」が数多く並んでいます。最も多いのが、保育士や幼稚園の先生向けで、その次が小学校向けです。中学校・高校向けテンプレート集というのは、これまで見たことがありませんでした。本書は中学校の学級担任向け、と書いてあります。

続きを読む "ポジティブコミュニケーションカード"

| | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

デジタル社会はなぜ生きにくいか

「デジタル社会はなぜ生きにくいか」徳田雄洋著(岩波新書)

こういうタイトルの付け方もあるのかと感心しました。本書を書店で見た時は、てっきり社会学的アプローチで「デジタル社会」を解説した本だと思ったのです。けれども、それは良い意味で裏切られました。

続きを読む "デジタル社会はなぜ生きにくいか"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月22日 (月)

じつはウソでした!あの日本史エピソード

「じつはウソでした!あの日本史エピソード」歴史の謎を探る会編(河出夢文庫)

日本史のエピソードの中には、諺のように使われている逸話が少なくありません。「敵に塩を送る」や「天王山の戦い」などなど。それらはもちろん、多くの人に「常識」として了解されているからこそ成り立っているわけです。
けれども、それらの中には史実と違うものが含まれている、というのが本書のポイント。全部で100もの「実はウソ」エピソードが紹介されています。

続きを読む "じつはウソでした!あの日本史エピソード"

| | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

のぼうの城

「のぼうの城」和田竜著(小学館)

「ベストセラーは文庫になってから読む」というのが、なんとなく私のポリシーのようになっています。それゆえ本書も、気にはなっていたものの、「文庫になってから読もうかな」と思っていたのですが、先日ひょんなことから手にすることになりました。本作品の舞台である、埼玉県行田市の市役所に勤務する親戚からいただいたのです。
正直最初は「ベストセラーの舞台になると、はしゃいじゃうんだよなあ、地元は」なんて苦笑してしまいました。けれども、読み出したらあまりの面白さに止まりませんでした。

 

続きを読む "のぼうの城"

| | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

ザ・小学教師

「ザ・小学教師」別冊宝島編集部編(宝島SUGOI文庫)

いまから20数年前「ザ・中学教師~不思議の国の中学校に棲息するセンセイたちのありのまま」という本が発売され、ベストセラーになりました。かくいう私も持っています。当時は校内暴力の嵐が吹き荒れ、大きな社会問題となっていました。

それから20数年経過して、事態はどうなったか…。問題の低年齢化が進み、いまや小学校が大変な状況だ、と本書は書いています。

続きを読む "ザ・小学教師"

| | トラックバック (0)

2009年6月11日 (木)

きみが選んだ「死刑のスイッチ」

「きみが選んだ『死刑のスイッチ』」森達也著(イースト・プレス)

先月から裁判員制度が始まりました。いや、「始まったそうです」というのが正直なところ。関連のドラマや情報番組がずいぶん作られ、書籍もたくさん出てはいるものの、これまで私は、「他国にも陪審員など、市民感覚を裁判に生かす仕組みはたくさんあるわけだから、いいことなんじゃないの」程度の認識しか持っていませんでした。

続きを読む "きみが選んだ「死刑のスイッチ」"

| | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

独断流「読書」必勝法

「独断流『読書』必勝法」清水義範著/西原理恵子イラスト(講談社文庫)

以前にも清水さんと西原さんのコンビの本は紹介しましたが、今回も前回同様、爆笑&ためになる一冊です。二人が、古今東西の名著と言われている本をそれぞれの視点で「解説」してくれます。
とはいえ、一癖も二癖もある二人のことですから、まともな解説であろうはずがありません。帯にもある通り、確かに全く新しい読書ガイドです。特に西原さんのと、清水さんのウンチクが印象に残りました。

続きを読む "独断流「読書」必勝法"

| | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

予想どおりに不合理

「予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」」ダン・アリエリー著/熊谷淳子訳(早川書房)

すでに多くの雑誌やサイトで書評が書かれているので、本書をご存じの方も多いでしょう。私も書評で知り、すぐに購入したのですが、ちょっと読むのが遅くなりました。
読み終えた今の感想は、書名に反して「予想どおりにおもしろかった」です。なぜもっと早く読まなかったのか後悔しました。

続きを読む "予想どおりに不合理"

| | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

リグレト

Rigureto_ni_tsuite 『ヘコむ』を楽しむウェブ・コミュニティ『リグレト』」株式会社ディヴィデュアル

本日は久々にITサービスの話題。面白いWebサービスを見つけました。「リグレト(rigureto)」といいます。このサービスの運営会社のサイトに「ヘコむを楽しむウェブ・コミュニティ」という説明がある通り、みんなでヘコんだ体験を書き込み、なぐさめあって楽しむコミュニティサービスです。

続きを読む "リグレト"

| | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »