« 13歳から学ぶ日本の貧困 | トップページ | 日本を滅ぼす教育論議 »

2009年10月 1日 (木)

キャラクター当てサイト

Jpsch034ちょっと面白いサイトを見つけました。

自分の好きなキャラクターを頭に思い浮かべ、質問に答えて行くと、そのキャラクターをぴったり当ててくれるのです。漫画のヒーロー、ヒロインはもちろん、俳優や声優もカバーしています。しかも対象は、古今東西。もちろんうまくいかない場合もありますし、すべて試したわけではありませんが、かなり守備範囲が広い印象です。

そのサイトは、「Akinator, the Web Genius」です。
ご覧の通り、すべて英語なのですが、日本のキャラクターはずいぶん細かくカバーしています。ざっと次のようなキャラクターで試してみたところ、いずれも正解しました。そんなにたくさんの質問に答えたわけでもないのに、なぜか当たるのです。しかも著作権的には微妙ですが、写真付きで表示されます。

  • ドラえもん
  • ウルトラマン
  • 木村拓哉
  • 和田アキ子

けれども次のキャラクターの場合はヒットしませんでした。

  • キューティー・ハニー
  • 都はるみ
  • 北島三郎

さらに試しに「すべてNo」で答えたところ、「You are NO-Man」という判定が、スーパーマンをもじったような画像とともに出されました。ちょっと笑えます。

私が面白いと思ったのは、2点。まずこのサイトのアルゴリズムです。基本的には、キャラクターの特徴を記録したデータベースを質問で絞り込んでいくという作りなのだと思いますが、使った感触では、どうもそれだけではないように感じました。「about us」を読んでも、あまり真面目に書いてない印象で、どこまでがジョークでどこからが真剣なのか、私の英語力ではよくわかりませんでした。
もう一つは、その英語です。質問に使われている英語は、おおむね中学生でも理解できるレベルなので、私のように英語力が無くても楽しめます。中学生にとっては、英語の学習にも使えるのではないでしょうか。

お時間があればお試し下さい。

|

« 13歳から学ぶ日本の貧困 | トップページ | 日本を滅ぼす教育論議 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/46344548

この記事へのトラックバック一覧です: キャラクター当てサイト:

« 13歳から学ぶ日本の貧困 | トップページ | 日本を滅ぼす教育論議 »