« やる気はどこから来るのか | トップページ | 秘密とウソと報道 »

2009年10月20日 (火)

ホルモン焼きうどん

Udon ホルモン焼きうどんで災害復興

先日大阪出張した際、梅田駅近くにある「ホルモン焼きうどん」の店「テン」に行きました。兵庫県たつの市を訪問した際に、食べた焼きうどんの話を某SNSに書いたところ「ホルモン焼きうどんは、たつのではなく佐用町の名物です」というメッセージをいただいたのがきっかけです。

取材した授業は、たつの市と佐用町の小学生が、姫新線をキーワードに交流するというものでした。ところがこの佐用町、ご存じの通り、今年の台風9号がもたらした豪雨のせいで、壊滅的な打撃を受けています。ところが現地の様子はなかなかメディアには載りません。たつの市の先生からは「地元の人がメディアの取材を受けたがらない」という側面もあるとうかがいました。

SNSで知った「テン」さんも復興支援をしている、ということで、今回出かけてみました。取材しただけの間柄ではありますが、無関係とは思えなかったのです。

「テン」さんのサイトに記載された地図を携帯に表示させながら、複雑な梅田の街を歩きました。私は梅田駅周辺が苦手で、何度行っても迷うのですが、今回は迷うことなく店に到着。カウンターに着くと迷うことなく生ビールとホルモン焼きうどんを注文しました。カウンターには本がたくさん置かれているので、料理が出てくる間も飽きさせません。このブログで紹介しようと購入したものの、諸事情により断念した「バカ画像」という本の続編が置かれていました。読んで爆笑してしまい、ひんしゅくを買っていたような気がします。

出てきたうどんは、たれに漬けて食べるというスタイル。しかもみそやにんにく、唐辛子などの調味料セットとともに出されるので、たれを自分好みに調整できます。とても新鮮な食べ方でした。当日は体調が思わしくなく、正直食欲があまりなかったにもかかわらず、おいしく食べられました。

食事後、カウンターの目の前に置いてあった豚の貯金箱に少しのお金を入れました。お会計後にもらったおつりも入れました。アルバイトとおぼしきお姉さんが「あ、ありがとうございます!」と言ってくれたのが印象的でした。やはり、みんな復興支援に真剣に取り組んでいるのでしょう。

佐用町の復興は、まだまだ端緒についたばかりだそうです。佐用町のサイトでも義援金を受け付けているようですので、ぜひご協力くださいますようお願いします。

|

« やる気はどこから来るのか | トップページ | 秘密とウソと報道 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/46515190

この記事へのトラックバック一覧です: ホルモン焼きうどん:

« やる気はどこから来るのか | トップページ | 秘密とウソと報道 »