« 自分がわかる909の質問 | トップページ | 週刊誌の記事に思う »

2010年2月22日 (月)

英語の発想がよくわかる表現50

「英語の発想がよくわかる表現50」行方昭夫:著(岩波ジュニア新書)

自分のことは棚に上げて、本書は英語の不得意な娘に買ったつもりでした。基本的な英文法について解説した本のようでしたし、例文もたくさんありますから、きっと役立つだろうと思ったのです。

とはいえ自分が読みもせず、「読んでみたら」と渡すのは余りに無責任。けれども、本書は私が苦手な英語の話題で、しかも横書きです。そんなわけで、本書は購入してから読み始めるまでに、ずいぶん時間がかかってしまいました。まあ、そんな本は珍しくないのですがcatface

読み始めは気が重かったものの、読み始めてみると、あまりの面白さに一気読みしてしまいました。もともとティーン向けに平易に書かれた本だから、という以上に、内容が素晴らしかったです。英語の知識はもちろんですが、文化的・言語的な刺激をたくさんもらうことができました。

本書では、タイトルにある通り「英語の発想がよくわかる表現」が、全部で50(応用表現まで入れればそれ以上)紹介されています。では英語学習上、これらの表現はどのように活用すればよいのでしょうか──行方さんは「はじめに」で、次のように書いています。

例題になっている短い英文と、それに相当する日本文のセットを、徹底的に理解した上で覚えることを勧めます。文をセットで覚えるのは、エピソードなどを豊富に交えながら説明した英語表現についての大切なポイントを記憶する助けとなるだけでなく、会話にも、作文にも、リスニングにも、読解にもとても役立ちます。応用がきく例題を選んであります。(中略)英語からでも、日本語からでも、どちらからでもすぐに、言え、書けるようにしましょう。

なんと、丸暗記しなさいというわけです。実際行方さん自身も、高校時代この例題丸暗記法で英語を学び、非常に効果的だったとのこと。なるほど、と思う一方で、「自分がそうだったから、おまえもやれ」というのは、過去の栄光だけに生きる、出来の悪い打撃コーチが言いそうなことです。それに「覚えろ」と言われて覚えられるなら、そんな楽なことはありません。

けれどもそうした疑問は、すぐに氷解します。提示されている例題とその構成が、良くできているのです。
本書の基本構成は、「英語表現の解説やエピソード+例題」となっています。おおむね3~4ページで構成されているのですが、第1章の「英語らしい英語 日本語らしい日本語」では、2ページのものが多く、内容も平易です。覚える以上、冒頭の心理的ハードルを下げているのでしょう。そして肝心の例題も「なるほど!」と思えるものばかり。しかも文学作品や映画、タレントのエッセイ、メジャーリーグ選手の英語などを取り上げているので、非常に心に残ります。印象に残ったもののうち、いくつかご紹介しましょう。

  • waterは水じゃないの?waterはお湯の意味でも使う。文脈で判断する。
  • まだ辞典に出ていない表現 その1─ you know現在「you know」を「as you know」と同義と説明する辞書がほとんどだがまちがっている
  • quiteとvery米語では双方同義だが、英国では異なるようだ。それも非常に微妙なニュアンスの違い。
  • 句読点で意味が変わる!The student says the teacher is a fool.という文、カンマの打ち方次第で真逆の意味になる。
  • 英語に敬語はない?店や飛行機内で「tea please」はよいが、友人宅に招かれたときpleaseは望ましくない。

waterにはお湯の意味もある、というのは英語が得意な人にとっては常識なのかもしれませんが、私には新鮮でした。同時に、言葉というのは文化なのだなと改めて思いました。また、「you know」というのは、アメリカのプロスポーツのインタビューで、選手がよく口にする言葉ですが、まさに私は「as you know」だと思っていて、「変だな~」と思っていました。これですっきりしました。

本書を読みながら、私は高校時代の世界史の授業を思い出しました。世界史の先生は、話し好きというか逸話好きで、毎時間のように裏話をしてくれたので、受験科目に選ばなかった割に、今でも覚えている逸話がずいぶんあります。本書のエピソードもちょうどそんな感じです。高校生が少しでも英語に興味を持ってくれるように、英語を使う人の文化にも思いを馳せられるように、工夫されています。授業中の脱線話が許されなくなった昨今、こうした話題提供は貴重だと思いました。
本書が2005年の刊行以来、私が持っている本では7刷となっているのは、高校の先生が生徒に勧めているからではないでしょうか。高校の授業を受けた後のような、懐かしい気持ちになれた一冊でした。

|

« 自分がわかる909の質問 | トップページ | 週刊誌の記事に思う »

ティーン向け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/47616826

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の発想がよくわかる表現50:

« 自分がわかる909の質問 | トップページ | 週刊誌の記事に思う »