« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | 石垣島ラー油 »

2010年3月15日 (月)

アホの壁

「アホの壁」筒井康隆:著(新潮新書)

ベストセラーが出ると、それにあやかったタイトルの書籍が出るのは、最近の出版界においてかなり顕著です。「○○の品格」「○○力」「~しなさい」「~するな」などなど。その中で、「バカの壁」ほど類似タイトルを生んだ書籍もないでしょう。

そういう意味で、本書は一見そうした「あやかり本」の典型です。しかもその「バカの壁」を手がけた編集者からの依頼を受け、筒井さんが書いた本とのこと。筒井さんの小説が好きな人なら、このエピソードだけで反射的に買ってしまいます。筒井作品の淵源と申しましょうか、発想の秘密をたどることができるのではないか、と思えるからです。

近頃「時をかける少女」が何度目かの映画化をされましたし、以前「七瀬ふたたび」がテレビドラマになりましたから、「筒井さん=美少女登場のSFをよく書く作家」と認識している方がいるかもしれません。けれども私は、筒井さんの真骨頂は、狂気とパロディ、そして批評性だと思っています。中学校の時に初めて読んだ筒井作品「おれの血は他人の血」は、主人公の意識が狂気に変わっていく記述が非常にリアルで、大きな衝撃を受けた記憶が今でも強く残っています。「俗物図鑑」では、当時非常に高価だったジョニーウオーカー黒ラベル(通称ジョニ黒)をお歳暮という名の付け届けをし合うサラリーマンを嗤い、「農協月へ行く」では、当時海外旅行に行き始めた日本人の様子を風刺していました。また、今回のようなパロディタイトルでは「日本以外全部沈没」という作品もありました。日本以外が沈没してしまったので、世界中の有名人が全部日本にやってきて、アホなことを繰り返す、というナンセンス作品です。

さて、前置きが大変長くなりました。本書では、様々なシーンで現れる様々な「アホ」が語られています。その意図について筒井さんは次のように書いています。

「アホの壁」とは、(中略)人それぞれの、良識とアホの間に立ちはだかる壁のことである。文化的であり文明人である筈の現代人が、なぜ簡単に壁を乗り越えてアホの側に行ってしまうのか。人に良識を忘れさせアホの壁を乗り越えさせるものは何か。小生はそれを考えてみようと思ったのだ。

この「壁の乗り越え」こそが、これまでの筒井作品を形作ってきた人間観察の軸ではないでしょうか。アホについて真剣に考えない限り、しかもアホの壁を意識しないことには、作品(一般の人が理解できるという意味での)にはならないと思います。実際、筒井さんは次のようにも書いています。

むろんアホの壁を乗り越えて彼方へ行かぬ限りは成り立たない仕事もある。言うまでもなく芸術という仕事である。芸術的狂気というものはいったん良識から離れてアホの側に身を置かねばならない。それが単なるアホと異なるのは、壁の存在、壁の所在、壁の位置、壁の高さ、壁を乗り越える方法などを熟知していることだ。そのためには冷静な正気を保ちながら壁を認識しなければならない。

これはまさに筒井さんの創作スタンスでしょう。「冷静にアホになる」というのは、矛盾する概念のように思いますが、これまでの筒井作品を読む限り、納得できる考え方でした。

とはいえ、アホのことを体系的に書くというのは、なかなか難しいことです。実際本書も、前半部分は多少退屈でした。しかし、後半になってくると俄然面白くなってきて、特に第3章「人はなぜアホな喧嘩をするのか」は、かなり楽しめました。第2節の「アホな喧嘩はアホが勝つ」では、喧嘩という行為の不毛さを、第3節の「アホな喧嘩のメカニズム」では、「ペンは剣よりも強し」という格言が広く誤解されていることを紹介しながら、メディアのアホについて言及しています。喧嘩を切り口に、普段は明確に意識することのない「アホ」を、「ほら、ここにあるよ」と示していて痛快でした。

私たちの多くは芸術家ではありませんから、「壁の存在、壁の所在、壁の位置、壁の高さ、壁を乗り越える方法などを熟知」する必要はありません。けれども漠然と知っておくと、芸術がより楽しめますし、何より精神衛生上役立つのでは、と思いました。アホについて軽く考える、そのための道しるべとして楽しめる一冊です。

|

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | 石垣島ラー油 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/47797080

この記事へのトラックバック一覧です: アホの壁:

« もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら | トップページ | 石垣島ラー油 »