« 電子書籍の衝撃 | トップページ | 教養書ベスト5 »

2010年5月 3日 (月)

アクセス数ベスト5

Best5

先日ブックブログ3周年となったことから、記事ごとのアクセス数を調べてみました。本日はその中から、ベスト5をご紹介いたします。
残念ながら、ジャストブログ時代の数字は残っていないので、必然的に最近の記事が中心となります。2009年9月1日~2010年4月30日までの8か月間で集計してみました。
結果は──なんとも複雑なものとなりましたcoldsweats02

ランキングは以下の通り。記事名の後の数字はアクセス数です。

  1. 大掃除の秘密兵器 (3,241)
  2. 日本の教師に伝えたいこと (2,144)
  3. 「文系・大卒・30歳以上」がクビになる (1,844)
  4. 喪中はがきに思う (1,806)
  5. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (1,601)

 

なんと、ベスト5のうち、本ではない記事が2つもランクインしています。ブックブログなのにcrying。しかも、うち一つは1位。しかも2位以下を1,000アクセス以上引き離してのダントツのトップです。アマゾンのレビューに、この記事へURLを記載したということも一因とは思いますが、それにしてもものすごい数字です。この商品、為替相場のせいか、毎日のように価格が変更になるのが面白いと思いました。
一方で、本の記事には価値がないのかと、少し悲しくなったりもしましたが。

日本の教師に伝えたいこと」の2位は、記事にコメントを下さった、toshiさんのサイトにリンクを設定いただいたことが大きな原因です。今年2月に掲載して以降、毎月満遍なくアクセスのある記事でもあります。

「文系・大卒・30歳以上」がクビになる」については、先日著者の深田さんからコメントを頂戴しました。その内容がまた衝撃的で、深田さんご自身がリストラされそうになっているとのこと。皮肉なものです。

喪中はがきに思う」については、珍しくコメント欄がヒートアップしたこともありアクセス数が増えたものと思われます。現役辣腕編集者である「副部長K」さんと、私で「遠慮」の解釈を巡って議論してしまいました。「喪中はがき」の検索語での来訪もずいぶんありました。

最後の「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」については、最近の記事であるにもかかわらず、話題の本ということもあり、検索でおいでになる方が多かったように思います。ドラッカーのマネジメント、買ってはいるのですがまだ読んでませんcoldsweats01

このほか教育書は、ずっと前の記事でも継続したアクセスのある本が多かったです。「教員改革 2009.03.19」「公立小学校の挑戦 2008.11.06」「わかる!書ける!学習指導案 2007.08.20」などは、いずれも1~2年前に書いた記事なのに、今回の集計でベスト100に入っていました。

今後も、末永く読んでいただけるような記事が書けるように、努力して行きたいと思います。

|

« 電子書籍の衝撃 | トップページ | 教養書ベスト5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/48232919

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス数ベスト5:

« 電子書籍の衝撃 | トップページ | 教養書ベスト5 »