« 成功の秘訣は―頭より心ド根性だ! | トップページ | 2011年新聞・テレビ消滅 »

2010年6月 9日 (水)

スワンベーカリーに行きました

Bread

以前ご紹介した「経営はロマンだ」を読んで以来、宅急便の生みの親、小倉昌男さんを尊敬しています。宅急便立ち上げの経緯もさることながら、同書でかなりの紙幅を割いて紹介されていた、スワンベーカリー立ち上げの経緯には感服しました。
それゆえ、機会があればぜひ行きたいと思っていましたところ、先日、自宅近くで偶然発見しました。以前同社のサイトを見たときには、なかった店のような気がします。早速入ってみることにしました。

店内は8畳ほどの広さ。そこに、女性の店員さんが2名。男一人で入るには、なかなか勇気の要る環境ですcoldsweats01。意を決して入店すると、元気な声で「いらっしゃいませ」と出迎えてもらえました。

訪問したのが午後3時頃と、中途半端な時間だったせいか、売られているパンは種類も個数も少なめです。それでも、ひとつひとつがラッピングされていて丁寧な印象。価格も通常のパン屋さんとほとんど変わりません。店の奥では、職人さんがせっせとパン生地をこねていました。

写真にある4つのパンをトレイに乗せてレジに進み、支払いをするとき、店のレジ担当の方に、「こちらはヤマト運輸関連のお店ですよね」と尋ねてみました。すると、
「ええと、ここは、隣にある社会福祉法人でやってるんですよ。パン生地はタカキベーカリーさんから。ヤマト?ああ、そういえばそうだったかも」
と、なんだか心許ない返事。…ですよね。パン屋に入って設立経緯を訪ねる客など、普通いません。質問したことを申し訳なく思いました。
けれども、同時にこれはすばらしいことだと思いました。このお店が、ヤマト運輸の特例子会社である、スワンの支援を得ていることは明らかなのに、それを声高に叫んでいないと言うことですから。よいことをしたら触れて回りたいのが人情なのに、立派なスタンスです。
調べてみると、このお店は、平成16年に開業していました。いままで知らずに恥ずかしい限りです。6年の実績の中で、ちゃんと自分たちの事業として位置付いているからこそ、「ヤマト?」という反応になるのでしょう。小倉さんの思いの結実を見たような気がします。

購入したパンは、決してパン好きとは言えない私にもおいしく感じられました。家族にもとても好評でした。「経営はロマンだ」にも、パン作りは、広島のタカキベーカリーさんに指導してもらったと書いてありましたが、担当者の努力があるからこそこうした味になるのでしょう。

スワンのサイトには、社名の由来が書いてあります。「アンデルセン」ブランドをメインとする、タカキベーカリーさんへのオマージュも込められた、とてもすばらしいネーミングだと思いました。同社のサイトより引用してご紹介させていただきます。

スワンベーカリーの命名者は故・小倉理事長で、みにくいアヒルの子と思っていたら実は「白鳥=スワン」だったというデンマークの童話作家アンデルセンの作品がヒントになっています。

|

« 成功の秘訣は―頭より心ド根性だ! | トップページ | 2011年新聞・テレビ消滅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/48513554

この記事へのトラックバック一覧です: スワンベーカリーに行きました:

» ヤマト運輸 [デイリーニュースNO.1]
<お買い得情報> 一番肌触りがよいとされるバスタオルは今治製である?○か、×か?答えはこちらから 今なら楽天カード作成で、実質無料~2000円引きで、商品が購入できちゃいます! 超お得!楽天で2000円分のお買い物ができる楽天カードの申込は下記をクリック!! 楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント中! -------------------------------------------------------------------- 学校では教えてくれないお金を稼ぐ授業が無料公開... [続きを読む]

受信: 2010年6月 9日 (水) 11時45分

« 成功の秘訣は―頭より心ド根性だ! | トップページ | 2011年新聞・テレビ消滅 »