« 私の幸福論 | トップページ | この世でいちばん大事な「カネ」の話 »

2010年11月14日 (日)

がんばれ理論社

Ganbare

先日、大阪に出かけた際、阪急梅田駅にある紀伊國屋書店に立ち寄りました。広大なフロアに圧倒されながら、あちこち見て回っていると、「よりみちパン!セ」の本が多数並んでいるコーナーを発見しました。「珍しいな」と思ってよく見ると、そこは理論社の本ばかりを集めたコーナーです。
見上げると左のようなパネルが掲示されていました。写真は見にくいので、以下その文言を引用します。

がんばれ!理論社
「北極のムーシカミーシカ」「バーティミアス」「チョコレート戦争」「ウサギの眼」など、児童文学の名作を出版してきた理論社(1947年創業)が、10月6日に民事再生法の適用を申請しました。
紀伊國屋書店梅田本店は、”今までの名作との再会”そして”新たなる名作との出会い”を願って理論社の再建に向けた活動を応援します

この取り組み、紀伊國屋書店の全店で行われているものなのか、梅田本店のみの取り組みなのかは定かではありません。店員さんにお伺いしたのですが、残念ながらその方はご存じありませんでした。

Heart

おそらく数日後には、また別のコーナーになるのでしょうけれど、レジ前の目立つ場所をこうした取り組みに割くという姿勢はすばらしいことだと思いました。お店の人たちの思いが伝わってきます。本棚の脇には、左のような色紙が、ハートマーク付きで飾られていました。
このディスプレイに感動して、私は2冊購入しました。出張鞄に余裕がないにもかかわらずfull

困っている人がいたら、自分のできることで応援する──こういうことが自然にできる人になりたいと思いました。

|

« 私の幸福論 | トップページ | この世でいちばん大事な「カネ」の話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

むらちゃんへ
はじめまして。私は児童書の専門店をして35年になります。理論社のことはとてもショック、でも、さりありなんとも思いました。いま、一番売れるのはあかちゃん絵本です。一番売れないのはYA向きの本です。少子化とかいろいろいわれますが、私はちょっと違う様に思います。個人では教育の過熱化、そして、公共図書館や学校図書館が本を買わない、司書がいないので
ちゃんと選書ができていないからだと考えます。個人もそうですが、公共の所へ、本が無くなるかもしれないので買って下さいと情報つきで目録もおくりましたが・・・とても残念でした。でも、理論社がんばれ!と勧めています。

投稿: 会留府 | 2010年11月18日 (木) 22時11分

会留府さん、コメントありがとうございました。
ハンドルネームは、「かたあしダチョウ」由来でしょうか。いい絵本ですよね。

さて理論社です。王様シリーズなどロングセラーの本をたくさん持っていますから、人件費などを切り詰めれば、きっと立ち直ってくれると思います。ヤングアダルト本も売れる世の中になるといいですね。

投稿: むらちゃん | 2010年11月18日 (木) 23時00分

ニュースです。
***********************
日本BS放送が12月15日に設立する全額出資の出版社「新・理論社」が出版事業を引き継ぐ。
***********************
http://www.shinbunka.co.jp/news2010/12/101209-01.htm

とりあえず、ホッと。

河出書房新社や日本書籍新社、中央公論新社のように新がつくんでしょうか。個人的にはそのままでもいいような気もします。

投稿: 副部長K | 2010年12月13日 (月) 19時48分

副部長Kさん
コメントありがとうございました。とりあえずスポンサーが見つかって良かったですよね。まあ、有料コンテンツが多いですから、すぐに見つかるとは思っていましたが。
出版社の場合、社名はブランドでもあるので、「理論社」という名称自体は引き継がれるでしょうね。ただ資本の関係で、まったく同じというわけにはいかないのかもしれません。
今後も要注目ですね。

投稿: むらちゃん | 2010年12月13日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/50017758

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれ理論社:

» 理論社がんばれ! [おいしい本箱Diary]
ネットニュースで知って驚きました。 理論社が、民事再生法の適用を申請したらしいですね。 今、出版社はどこも苦しいと思います。 その中でも苦しいのは、児童書、そしてYA(ヤングアダルト)の 本をたくさん出版しているところだと思われます。 言わずと知れた少子化。活字離れ・・。 でも、まだ絵本はマシかもしれません。 子どもが小さいうちは、絵本を買うお家は多いです。 でも、例えば子どもが小学校高学年、中学生になった時に 子どもに参考書以外の本を買う親はどれぐらいいるんでしょう。 ...... [続きを読む]

受信: 2010年11月27日 (土) 01時06分

« 私の幸福論 | トップページ | この世でいちばん大事な「カネ」の話 »