« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

ちょっと良い話

6512500_01

先日、私がTwitterでフォローさせていただいている富山県の技術科のA先生から、3月26日に次のようなつぶやきが発せられました。

200台のダイナモラジオライトが青年会議所のお陰で被災地に向け出発した。多くの関係者に感謝、感謝、感謝!

左の写真のような、ラジオ・ライト・携帯電話充電器・バッテリーチェッカーなどが一体化した製品を、中学生が組み立て、被災地に送ったというのです。

続きを読む "ちょっと良い話"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

星守る犬

「星守る犬」村上たかし:著(双葉社)

魅力的なタイトルに惹かれて手に取りました。帯には「ダ・ヴィンチ BOOK OF THE YEAR 2009 泣けた本ランキング第1位」なんて、書いてあります。「最近は何でもこうやってランキングで宣伝しちゃうんだよな」と、半ばあきれながらも、ちょっと気になって読んでみることにしました。

アマゾンの「内容紹介」では次のように記載されていました。

続きを読む "星守る犬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

ことばを運ぶもの

Soudan_2

今回16年前の国語教育相談室[臨時号]を読み直してみて、当時には考えもしなかった、「言葉とそれを記載するメディア」ということについて考えさせられました。それは、この資料に記載された、作家、学者、画家のことばやイラストが、B3二つ折りという新聞形式だったからこそ伝わった部分があったのではないだろうか、ということです。

続きを読む "ことばを運ぶもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

16年前の光村図書の仕事

★ご注意!:この記事は光村図書様とは無関係に書いています。これをきっかけに、「この文書は今ないのか」「東日本のものはないのか」などと、問い合わせたり、資料請求したりなさらないでください。同社の迷惑となるばかりか、今後の活動にも支障を来す可能性がございます。

Soudan

「国語教育相談室」発行の経緯

私は以前、光村図書出版という会社に勤務しておりました。主に学校で使う教科書を発行している会社です。このたびの大災害に際しまして、この会社が16年前に行ったすばらしい社会貢献を思い出しました。おそらくは多くの方がご存じないことでしょうし、同社が積極的に広報することもないと思われますので、ここにご紹介させていただきます。

続きを読む "16年前の光村図書の仕事"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

未更新のおわび

Gomen「むらちゃんのブックブログ」をお読みいただいている方へ

本来であれば、月曜日、水曜日と書籍紹介の記事をアップする予定でした。もし、紹介記事を楽しみにして下さっている方がいらっしゃるとしたら、本当に申し訳ありません。4年前にこのブログを開始し、予定通りの更新をしなかったことがただの一度もなかったものですから、一言釈明させていただきます。

続きを読む "未更新のおわび"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

先生方にお願いしたいこと

Honoo

このたびの大震災に際して、被災された方々にはおかけする言葉もございません。寄付や節電など、自分にできることから始めてはいますが、どうにも気持ちが塞ぎがちです。そんな中、教育界から貴重な情報をいくつかいただきました。

明日からすぐにお役立ていただけると思いましたので、ここにご紹介させていただきます。

続きを読む "先生方にお願いしたいこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

学級通信のアイデア40

「手軽に発行 学級通信のアイデア40――実践に生かせる!」佐藤正寿:著(ひまわり社)

このところ、すばらしい教育実践をされている先生方や「されていた」先生方にお話しをうかがっています。その方々が異口同音におっしゃっていたのが「学級通信の重要性」です。それも、内容より頻度のことをおっしゃっていた方がほとんどでした。そこで学級通信のことをもっと知ろうと購入したのが本書です。

詳しくお話を伺う前は、その重要性というのは企業で言えばCS(顧客満足)の意味だと思っていました。なにしろ家庭向けに出す文書ですからね。むろん、その意味も大きいのだそうですが、実はもっと大切なことがあるのだそうです。そのあたりのことについて、佐藤さんは「まえがき」で次のように述べています。

続きを読む "学級通信のアイデア40"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

天使の卵

「天使の卵──エンジェルズ・エッグ」村山由佳:著(集英社文庫)

ひさびさに小説、しかもこれまでまったく読んだことのない作家の作品を読んでみようと思い立ちました。春は出会いの季節。このところ、新しい人に出会い、新しい仕事が生まれる予感がしているせいかもしれません。

そんなことを考えながら、書店の文庫本売場をうろうろしていたとき、本書を見つけました。「第6回「小説すばる」新人賞受賞作」と書いてある上に、解説は村上龍さん。しかもなんとなく高評価です。「これは読まねばなるまい」ということで購入しました。

続きを読む "天使の卵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

日経サイエンス(2011年4月号)

「日経サイエンス 2011年4月号」(日本経済新聞出版社)

今月は、なんだか日経サイエンスらしからぬ特集&表紙です。「セックスの始まり」というテーマに加え、♂マークが♀マークに突き刺さっているイラストが表紙ですからね。一瞬SPAかと思いましたheart02。ウソですけど。なんとなく、広辞苑でエッチな言葉を調べてコーフンしていた思春期の日々を思い出しました。

とまあ、勝手に盛り上がって読み始めた本誌ですが、当然ながら実際には極めて知的刺激にあふれる内容でした。まずは、記事冒頭に示されている「KEY CONCEPTS」をご紹介します。

続きを読む "日経サイエンス(2011年4月号)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

ふるさとのゆるキャラ

Fukkachan_negi

深谷市イメージキャラクター「ふっかちゃん」

最近日本でも利用者が急増しているといわれるfacebook。私も1年くらい前にアカウントを作成し、そのままにしていたところ、2~3か月くらい前から急に「友だちリクエスト」が届くようになりました。今では毎日チェックするようになっています。

そんな中、先日「ふっかちゃん」という謎の人物? からリクエストが届きました。

続きを読む "ふるさとのゆるキャラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

スポーツ・グラフィック ナンバー(2011年3/10号)

「Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年3/10号」(文藝春秋社)

ときどき購入している本誌。購入の判断材料にしているのは、やはり特集です。今号は「名将の言葉学 2011年のリーダー論」ということで、読んでみようと思いました。表紙の写真もかっこよかったですし。

特集のトップを飾っているのは、やはり時の人ザッケローニ監督。「アルベルト・ザッケローニの人心掌握術」と題された記事は、結果論から導き出したような監督論ではなく、選手の視点から導き出した、説得力のある文章でした。

続きを読む "スポーツ・グラフィック ナンバー(2011年3/10号)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »