« 父の文章教室 | トップページ | バカなおとなにならない脳 »

2011年8月15日 (月)

言葉と脳と心

「言葉と脳と心 失語症とは何か」山鳥重:著(講談社現代新書)

 書店に行くと、相変わらず「脳」関連の本を多数見かけます。言い方を変えれば、出版界で脳ブームはいまだに続いているということでしょう。「この人が脳を語れるの?」という本さえ出ているくらいなので、これまでは「脳」とついているだけで敬遠して参りました。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 父の文章教室 | トップページ | バカなおとなにならない脳 »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/52452779

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉と脳と心:

« 父の文章教室 | トップページ | バカなおとなにならない脳 »