« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月26日 (月)

こんな時どう言い返す

「こんな時どう言い返す―ユーモアあふれる担任の言葉」池田修:著(学事出版)

 子どもが小さいうちは、親の言うことを聞きますが、大きくなるとそうもいきません。この現象は、おそらく学校も同様でしょう。小学校低学年の時にはおとなしかった子どもたちが、高学年~中学生ともなると、先生の痛いところを突いてくるようになります。おそらく対応に苦慮されるような物言いも、少なくないのではないでしょうか。
 実際、本書の「まえがき」も次のように書き出されていました。

続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

ウイルス対策ソフトの選択

 ウイルス対策ソフトは、様々なメーカーから、様々な機能的特徴を持ちつつ、様々な価格で販売されています。あまりに選択肢がありすぎて、選びようがないという方も少なくないのではないでしょうか。私は仕事柄、以前より自分のパソコンはもとより、家族のパソコンも含め、ほとんどのメーカーの対策ソフトを使用して参りました。
 その経験から申しますと、現時点で最もお勧めの対策ソフトは、左の製品カスペルスキー 2012 Multi Platform Security 1年3台乗換優待版であると断言できます。

続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術

「学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術」中村健一:著(黎明書房)

 followというと、辞書的には「従う・辿る・沿う・倣う・準じる・付き従う」など、実に広い意味の英語ですが、本書で述べられている「フォロー」は、それらの意味とは異なります。いわゆる、お笑い用語としてのフォロー、「フリ」「オチ」「フォロー」のフォローのこと。先日掲載した、「新採の1年を乗り切る仕事術(3)」のご講演の中でも、野中先生がその必要性を力説されていました。この教育における「フォロー」という考え方について、詳しく書かれているのが本書です。

続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

必ず成功する「学級開き」

「必ず成功する「学級開き」魔法の90日間システム」堀裕嗣:著(明治図書)

 先日ご紹介した野中先生のご講演の中で、「この本は学級開きを考える上でおそらくバイブルになる」と紹介されていた本です。確かに一読してみて、これはいろいろな意味で過去に例がない学級開きの本であるように感じました。
続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

アホ大学のバカ学生

「アホ大学のバカ学生 グローバル人材と就活迷子のあいだ」石渡嶺司/山内太地:著(光文社新書)

 近頃の新書のタイトルは、センセーショナルなものが少なくありません。まあ雑誌と同じくらいの頻度で発行されているわけですから、そうならざるを得ないのでしょうけれど。たとえば本書のタイトルは、本当にひどいなと思います。
続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »