« 関大初等部式 思考力育成法 | トップページ | 最辛大学ガイド2013 »

2012年5月11日 (金)

まほろ駅前多田便利軒

「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん:著(文藝春秋)

 遅ればせながら、三浦しをんさんの『まほろ駅前多田便利軒』を、読みました。三浦さんが、ずっと気になりつつ、一度も作品を読んだことのない作家だったからです。
 期待通り、そしていろいろな意味で楽しめた作品でした。

 「まほろ駅」とはおそらく東京の町田駅付近。20年くらい前の町田を知っていると、さらに楽しめます。登場する若い男二人は、なかなか魅力的で、その魅力がちょっとしたエピソードとともに描かれてゆきます。リアリティという点では、ちょっと疑問もありましたが、おとぎ話としてはよくできていると思いました。
 物語は、6つの「事件」で構成され、そこに「おばあちゃん」が絡んでくる、ちょっとユニークな構成です。起こる事件は他愛の無いものばかりですが、読み進める内に、「人間っていいな」と思わせてくれます。

 地味な話なので映像化はないだろうと思っていたら、昨年映画化もされたようです。とはいえ、これを映像にして、映画だけをご覧になる方も満足の行く作品に仕上げるのは至難の業でしょう。ヒットしたのかは存じませんが。

 最後にもう一つ本書の魅力を。それはブックデザインの良さです。表紙、目次、文字組、扉および扉の挿絵、柱、すべて話の内容と世界が統一されています。
 三浦作品は近々また読んでみたいと思います。

|

« 関大初等部式 思考力育成法 | トップページ | 最辛大学ガイド2013 »

小説・文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/54678719

この記事へのトラックバック一覧です: まほろ駅前多田便利軒:

« 関大初等部式 思考力育成法 | トップページ | 最辛大学ガイド2013 »