« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月29日 (金)

インターネットの安全ルール

「親子で学ぶインターネットの安全ルール―子どもの好奇心と親の心配」いけだ としお/おかもと なちこ :著/つるだ なみ:イラスト(ジャムハウス)

 子ども向けのインターネット解説本としては、以前「12歳からのインターネット」という本を紹介しました。本書は、それよりも以前に発行されていた、親子でインターネットの利用法を考えようという本です。

続きを読む "インターネットの安全ルール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

テルマエ・ロマエ

「テルマエ・ロマエ I」ヤマザキマリ:著(エンターブレイン)

 映画やテレビで映像化され話題になった本というのは、ちょっと購入しにくいという感覚はありませんか。なんだかミーハーのようで、買うのが気恥ずかしいという気持ちがあります。ましてマンガとなりますと。
続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

教師になるということ(renew)

「教師になるということ」池田修:著(ひまわり社)

 先日ご紹介した「教員採用試験対策」の記事の中で、「なりたい教師像を明確にすること」という面接のポイントが示されていました。とはいえ、数週間実習に行っただけの学生さんにとっては、なかなか容易なことではないでしょう。
 そこでお勧めしたいのがこの一冊。タイトルはずばり「教師になるということ」。この本は、先生になるというイメージを具体的につかめる本です。

続きは教職ネットマガジンにて

続きを読む "教師になるということ(renew)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

説明のルール

「発問・説明・指示を超える 説明のルール」山田洋一:著(さくら社)

 本書が書店の教育書コーナーに並んでいるのを見て、最初は違和感を覚えました。発問や指示ならわかりますが、「説明」ですから。実際、ビジネス書のコーナーには似たようなタイトルの本がずいぶん並んでいます。
 ところが前書きを読んで、「説明」についての解説が教育書として書かれた理由が分かりました。それがわかる部分を、少し長いですが以下に引用します。

続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »