« Contemporary Remix"万葉集" | トップページ | 学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ »

2012年9月24日 (月)

日本文学ふいんき語り

「日本文学ふいんき語り」麻野一哉/飯田和敏/米光一成:著(双葉社)

 本書のタイトルを読んで「ふいんき? 何それ?」と思われた方がいるかもしれません。もしくは「日本文学?興味ないなあ」とお感じになる方も。表紙グレーで著者のモノクロ写真が掲載されていて、一見なにやら難しそうです。
 けれどもそれらは全て著者陣の作戦。実際には、ゲーム作家として知られる著者たちが、有名な日本文学を俎上に載せて「この作品をゲーム化するとしたら」という視点で語り合った本です。本の帯に大きく「新感覚の文藝座談会!」と書いてあるとおりの本でした。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« Contemporary Remix"万葉集" | トップページ | 学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ »

対談・往復書簡」カテゴリの記事

小説・文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/55701411

この記事へのトラックバック一覧です: 日本文学ふいんき語り:

« Contemporary Remix"万葉集" | トップページ | 学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ »