« 統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる | トップページ | 遠赤セラミックス おひつ君 »

2012年9月10日 (月)

対話がクラスにあふれる国語授業

「「対話」がクラスにあふれる! 国語授業・言語活動アイデア42」石川晋:著(明治図書)

 論文などのまとまった文章を書く際、ある程度書きあげた後や書くのに行き詰まったとき、書くのをいったん止めてしばらくしてから書き出すとよい場合があります。これを俗に「寝かせる」などといいますが、これは読書においても当てはまるな、ということを実感したのが本書でした。
 続きは教職ネットマガジンにて。

|

« 統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる | トップページ | 遠赤セラミックス おひつ君 »

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/55619621

この記事へのトラックバック一覧です: 対話がクラスにあふれる国語授業:

« 統計・確率思考で世の中のカラクリが分かる | トップページ | 遠赤セラミックス おひつ君 »