« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

いじめで子どもが壊れる前に

「いじめで子どもが壊れる前に」藤川大祐:著(角川oneテーマ21)

 今年(2012年)の夏は、ずいぶんいじめ関連の報道がなされました。それらの報道を、先生方はどのようにご覧になったでしょうか。他人事でないと感じたとしても、何をどうしたら対策となりうるのか分からない、というのが本当でしょう。

続きを読む "いじめで子どもが壊れる前に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

わくわく☆ブラックボックス

「みんな夢中になる わくわく☆ブラックボックス」わくわく☆ブラックボックス研究会:著/坂木浩子:イラスト(さくら社)

 教職ネットマガジンにてご紹介した、藤本先生の講演で使われていた「ブラックボックス」です。黄色いのになぜか名前はブラックボックス(笑)。もともとは、授業で使うために開発されたのだとか。とても面白い教具だと思いました。

続きを読む "わくわく☆ブラックボックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

国語が子どもをダメにする

「国語が子どもをダメにする」福嶋隆史:著(中公新書ラクレ)

 福嶋先生は怒っている。それも尋常ではないレベルで。本書を読み始めたとき、まずそんな風に感じました。それがまず端的に表れているのが「はじめに」の部分です。

続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

人間の叡智

「人間の叡智」佐藤優:著(文春新書)

 世の中で起きている、あれやこれやの事件や現象。それぞれが独立した別のものと認識していた複数のことが、本書では1つながりのものとして説明されていました。そのキーワードが「新・帝国主義」。さらに読み解くだけでなく、「では私たちはどうすればよいのか」についても、きちんと提言しています。
 続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

ボードマスター太字丸芯

「ボードマスター太字丸芯」(PILOT社)

 野口芳宏先生は講演の中で、近頃の講演会場にはホワイトボードが用意されているものの、マーカーが、会場の広さや目的に合致せず、細いものが多いと嘆いておられました。細ければ見えにくいのに、「用意すればいい」という発想で備えるからこういうことになるのだと。

続きを読む "ボードマスター太字丸芯"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

太陽・月・星のこよみ

「2013年 太陽・月・星のこよみ」古川麒一郎:監修/公益財団法人国際文化交友会:企画・編集・発行

 気がつくと、今年も残り3か月を切りました。そろそろ来年のカレンダーをもらったり、購入したりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、先生方に絶対お勧めのカレンダーをご紹介します。

続きは教職ネットマガジンにて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ

「学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ」石川晋:著(学事出版)

 学級通信の重要性は、多くの方が指摘しています。実際、学級通信関係では多くの書籍が発行されています。その中で、本書の特徴は、タイトルにあるとおり「出し続ける」ことにあるのでしょう。期待して読んでみました。

続きを読む "学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »