« 教育工学への招待 新版 | トップページ | 台所タワシの決定版 »

2013年3月11日 (月)

漢字検定のアホらしさ

「お言葉ですが…〈別巻3〉漢字検定のアホらしさ」高島俊男:著(連合出版)

 なかなか刺激的なタイトルです。本書は漢字や言葉に関するいくつかのコラムが収録されており、タイトルはその冒頭コラムのもの。本書の帯には、その本文が引用されているので、それをご紹介しましょう。

 実際にどんな問題が出るのか、問題集を買ってきて、出版社の編集者といっしょにやってみた。あきれかえるほどのひどい問題ぞろいで、問題を作った人の程度の低さがよくわかる。ついでに、こんな愚問ぞろいの検定試験を受けてできたのできなかったのと一喜一憂している人の程度の低さもわかる。(中略)どういうばかばかしい問題が出るのか、一つ例をごらんに入れよう。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 教育工学への招待 新版 | トップページ | 台所タワシの決定版 »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/56930867

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字検定のアホらしさ:

« 教育工学への招待 新版 | トップページ | 台所タワシの決定版 »