« 中学校数学科授業成功の極意 | トップページ | ツッコミュニケーション »

2013年4月15日 (月)

わたしのせいじゃない

「わたしのせいじゃない―せきにんについて」レイフ・クリスチャンソン:著/ディック・ステンベリ:絵/二文字理明:訳(岩崎書店)

 多くの絵本がそうであるように、本書も「文字が少なく」「ページ数が少なく」「文字のないページが多い」本です。その上本書に登場するイラストは、基本的に表紙になっているイラストだけ。
 こんなに薄くて単純に見える本なのに、1996年の刊行以来すでに28回も増刷しています。さて、その秘密はどこにあるのでしょうか。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 中学校数学科授業成功の極意 | トップページ | ツッコミュニケーション »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/57145410

この記事へのトラックバック一覧です: わたしのせいじゃない:

« 中学校数学科授業成功の極意 | トップページ | ツッコミュニケーション »