« 総合教育技術 2013年10月号 | トップページ | 社会のふしぎ なぜ? どうして? 3年生 »

2013年10月21日 (月)

ことばの力学

「ことばの力学――応用言語学への招待」白井恭弘:著(岩波新書)

 「応用言語学」という学問分野が存在することを、本書を読むまでは知りませんでした。「現実社会の問題解決に直接貢献するような言語学」のことなのだそうです。こう言われると、さらにわからなくなります。

 しかし、本書を読み終えた後に、再度この説明を読むと、実に合点が行く説明です。私達は、知らず知らずのうちに、言葉やその使用場面から影響を受けて、あまり合理的でない思考や判断をしてしまうことがある、ということがよくわかりました。

続きは教職ネットマガジンにて。

|

« 総合教育技術 2013年10月号 | トップページ | 社会のふしぎ なぜ? どうして? 3年生 »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/58377164

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの力学:

« 総合教育技術 2013年10月号 | トップページ | 社会のふしぎ なぜ? どうして? 3年生 »