« 給食のおにいさん | トップページ | メールはなぜ届くのか »

2014年7月 2日 (水)

かなづかいの歴史

「かなづかいの歴史 ー 日本語を書くということ」今野真二:著(中公新書)

 小学校低学年を担当されたことのある先生なら、子供たちに仮名遣いを教える難しさを経験なさっていることでしょう。難しさのポイントはいくつかあると思いますが、ひと言で言えば、発音と表記が単純に一致しないから、ということがあります。

 たとえば「球を的へ投げる」と話す場合、「たまおまとえなげる」と発音するのに、文字に書く場合は「お→を」「え→へ」としなければなりません。なぜこのように、一見不合理な表記をしなければならないのでしょうか。

続きは教職ネットマガジン

|

« 給食のおにいさん | トップページ | メールはなぜ届くのか »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/59913423

この記事へのトラックバック一覧です: かなづかいの歴史:

« 給食のおにいさん | トップページ | メールはなぜ届くのか »