« 今こそ読みたい児童文学100 | トップページ | ちばてつやが語る「ちばてつや」 »

2014年8月 4日 (月)

「学力格差」の実態

「調査報告 「学力格差」の実態」志水宏吉/伊佐夏実/知念渉/芝野淳一:著(岩波ブックレット)

 教育政策の「変更」や「改革」がしばしばメディアを賑わせます。それだけ多くの方の関心事ということが言えそうですが、一方でそうした立案の根拠となる、検証過程というのは、あまり報じられてきませんでした。


 その点本書の筆頭著者である志水先生は、いわゆる「学力格差」の問題について、長年取り組んできた方です。本書は、その研究成果を踏まえ、「ゆとりからの転換」とも言うべきこの10年の教育施策によって、格差はどうなったのかを検証した本です。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 今こそ読みたい児童文学100 | トップページ | ちばてつやが語る「ちばてつや」 »

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/60082533

この記事へのトラックバック一覧です: 「学力格差」の実態:

« 今こそ読みたい児童文学100 | トップページ | ちばてつやが語る「ちばてつや」 »