« 1秒って誰が決めるの? | トップページ | いま「クラス会議」がすごい! »

2014年11月 1日 (土)

ケンダマクロス

「ケンダマクロス サクラピンク」(バンダイ)

 最近、小学生の間でけん玉が流行っているそうです。先日姪がこのけん玉を買ってもらったとのことで、遊んでいました。
 最初は「なんだよ、プラスチックのけん玉か」ということで馬鹿にしていたものの、少し遊んでみると、なかなかよく考えられた優れものでした。

 まず、「遊びやすさ」「飽きにくさ」に配慮されている点がすばらしいです。
 左の写真をご覧ください。けん玉と共に丸い部品が3つあります。これは、けん玉の「皿」のパーツ。つまり、けん玉の習熟度に合わせて、皿の大きさが取り替えられるのです。
 けん玉は、子供の遊びということで、見ていると簡単にできそうですが、実際にやってみるとなかなか難しいものです。私も「振り剣」くらいはできますが、できるようになるまで、ずいぶん練習した覚えがあります。
 皿の大きさが取り替えられれば、最も簡単な「大皿に乗せる」という技のハードルが下がりますから、興味の継続という点では優れた工夫だと思いました。

 次にファッション性の観点からもすばらしいと思いました。けん玉のデザインに加え、「アメリカの若者が日本から持ち帰ってブレイク」「原宿から人気沸騰」「ストリート系」といった、子供たちのファッション心をくすぐるような、宣伝文句が踊っていました。女の子でも遊ぶはずです。
 これが、子供たちの心をどの程度つかむのか。今後に注目したいと思います。

|

« 1秒って誰が決めるの? | トップページ | いま「クラス会議」がすごい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/60565295

この記事へのトラックバック一覧です: ケンダマクロス:

« 1秒って誰が決めるの? | トップページ | いま「クラス会議」がすごい! »