« クラスを育てる「作文教育」 | トップページ | やりなおし高校国語 »

2015年3月 9日 (月)

絵でわかる感染症

「絵でわかる感染症 with もやしもん」岩田健太郎:著/石川雅之:絵(講談社絵でわかるシリーズ)

 たくさんの人が集まる「学校」という場所では、感染症に対する備えが必要と言われます。けれども、その「備え」として対症療法的な通達はあっても体型的な理解というのは、なかなか難しいのが現状ではないでしょうか。

 本書は、一般向けに書かれた感染症学の本です。一般に「感染症」というと、デング熱やエボラ出血熱のような、重篤な病気を思い浮かべますし、「感染症学」というと昔の学問のようにも感じます。しかし、著者の岩田さんによればその認識は、まったく間違っているようです。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« クラスを育てる「作文教育」 | トップページ | やりなおし高校国語 »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/61252653

この記事へのトラックバック一覧です: 絵でわかる感染症:

« クラスを育てる「作文教育」 | トップページ | やりなおし高校国語 »