« 右脳派教師・左脳派教師の授業術 | トップページ | スマホ・ネットトラブル »

2015年9月 7日 (月)

発声のきほん

「こどものためのアナウンスブック 発声のきほん レッスンCD付」茂木亜希子・常世晶子:著(局アナnet)

 小学校国語の学習指導要領〔第1学年及び第2学年〕には、「聞くこと・話すこと」の項目の中に「姿勢や口形,声の大きさや速さなどに注意して,はっきりした発音で話すこと。」とあります。発音についての記述は、実はここだけ。つまり、小学校低学年のうちに、きちんとした日本語の発音を身につける、ということです。しかし教科書教材は十分とは言えません。発音時の口形の写真が何十年も同じという会社すらあります。これでは先生方も指導がしにくかったことでしょう。

 その点、本書はアナウンサーが書いただけあって、分かりやすく楽しく発音練習できるような工夫がされていました。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 右脳派教師・左脳派教師の授業術 | トップページ | スマホ・ネットトラブル »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/62191010

この記事へのトラックバック一覧です: 発声のきほん:

« 右脳派教師・左脳派教師の授業術 | トップページ | スマホ・ネットトラブル »