« 高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』 | トップページ | おーい!おーちゃん »

2015年9月28日 (月)

ワンダー Wonder

「ワンダー Wonder」R・J・パラシオ:著/中井はるの:訳(ほるぷ出版)

 本書はティーンエイジャー向けの小説です。しかし、ハリーポッターのように、児童書の枠組みを飛び越えて、世界的なベストセラーになっているとか。その理由は、おそらくテーマの普遍性にあります。まずは本書の内容紹介を引用します。

オーガストはふつうの男の子。ただし、顔以外は。生まれつき顔に障害があるオーガストは、10歳ではじめて学校に通うことになった。生徒たちはオーガストを見て悲鳴をあげ、じろじろながめ、やがて……。

 本書の舞台はアメリカ。顔の障害の治療のため、小学校には通えなかった主人公のオーガストが、中学校から初めて学校に通うというところから、物語は始まります。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』 | トップページ | おーい!おーちゃん »

ティーン向け」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/62298234

この記事へのトラックバック一覧です: ワンダー Wonder:

« 高橋優 BEST 2009-2015 『笑う約束』 | トップページ | おーい!おーちゃん »