« ニーチェ先生 | トップページ | 鈴木さんにも分かるネットの未来 »

2016年1月17日 (日)

土佐堀川

「文庫版 小説 土佐堀川 広岡浅子の生涯」古川智映子:著(潮文庫)

いまの朝ドラの原案となっている本書。表紙には「小説」と書いてあったものの、正直申しまして、これは小説ではありません。文章のクオリティとしては、中学生の作文レベル。さすがに「中学生」は、言い過ぎか。しかし、少なくとも文学にはなっていないと感じました。
 取材した中身をつなぎ併せるには、未解明な部分も含め、多少の脚色が必要で、そのために「小説」という体裁を採ったというのが実際のところでしょう。

 しかし、だからといって本書が無価値というわけではありません。広岡浅子という一般には無名の偉人を掘り起こした取材力には頭が下がります。資料として読むにはいい本です。それに、今回のようにドラマ化するにはとても使いやすい素材かもしれません。変な脚色がないですから。

|

« ニーチェ先生 | トップページ | 鈴木さんにも分かるネットの未来 »

小説・文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63079057

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐堀川:

« ニーチェ先生 | トップページ | 鈴木さんにも分かるネットの未来 »