« 総合教育技術 2016年 03 月号 | トップページ | 「楽習」授業ネタ&ツール »

2016年2月22日 (月)

長新太ユーモアとナンセンスの王様

「長新太:ユーモアとナンセンスの王様 (別冊太陽 日本のこころ234)」(平凡社)

 さほど絵本好きの人でなくても、長新太さんの名前はご存じでしょう。イラストを描いた書籍や絵本は数知れず、教科書の挿絵もずいぶん描かれましたから。それでも、「長新太」というペンネームの由来や画家を志した経緯などをご存じの方は、さほど多くはないと思われます。

 「いや、イラストはそれ自体を鑑賞すれば良いのであって、作家を知る必要はない」とおっしゃる方もいるでしょう。確かにその通りです。しかし、長新太さんの仕事について多面的に紹介した本書をご覧になると、長新太さんのことが好きだった方はもっと好きに、そうでもない方は、仕事と人生ということに、新たな視点をもらえると思います。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 総合教育技術 2016年 03 月号 | トップページ | 「楽習」授業ネタ&ツール »

その他の書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63240610

この記事へのトラックバック一覧です: 長新太ユーモアとナンセンスの王様:

« 総合教育技術 2016年 03 月号 | トップページ | 「楽習」授業ネタ&ツール »