« 小泉今日子書評集 | トップページ | お肉やわらかの素 »

2016年3月19日 (土)

総合教育技術 2016年 04 月号

「総合教育技術 2016年 04 月号」(小学館)

 今月の特集は「アクティブラーニング年間計画」です。これも注目の内容ではありますが、まず目を引いたのが創刊70周年企画の口絵記事でした。
 70年というのは、人の一生にも相当する長い年月です。栄枯盛衰の激しい雑誌界にあって、これだけ長く続いているということは、それだけで価値があります。時代時代に活躍された教育者たちのことばは、今でも力を失っておらず、教育界の不易流行を感じる企画になっています。この部分だけでも読む価値があるでしょう。

 アクティブラーニングの特集は、文科省の合田課長の言葉と、研究者、実践者の記事で構成されています。実践は教科別に提示されているので、4月に年間計画を立てる学校にとっては有意義な記事となるでしょう。
 第2特集は全国学力調査を生かした授業改善。調査が調査だけで終わってしまっているというのは、よく聞かれることだけに、タイムリーな企画でした。

 さらに注目なのは、新連載です。多賀一郎先生の「教師教育の深層」、堀田龍也先生の「間違えないICT」、野中勝治さんの「スクールソーシャルワーカー日誌」は、どれも注目の内容。とりわけ野中さんは、NHKのプロフェッショナルに出演して注目された方。先生方とはまた違った視点で、子供の今を書いています。

Photo

 さらにさらに魅力なのは、別冊付録。この春、校長、教頭・副校長、主幹教諭になる方にとっては非常に参考になる一冊でしょう。具体例が豊富である上に、管理職の仕事が時系列で、端的に整理されています。

|

« 小泉今日子書評集 | トップページ | お肉やわらかの素 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63366356

この記事へのトラックバック一覧です: 総合教育技術 2016年 04 月号:

« 小泉今日子書評集 | トップページ | お肉やわらかの素 »