« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月28日 (月)

まんがで知る教師の学び

「まんがで知る教師の学び これからの学校教育を担うために」前田康裕:著(さくら社)

 ちかごろは、まんがを使った教育書が増えています。多くの場合、それらは「手法としてのまんが」で表現されています。つまり「文章で書くと難しく感じるからまんがにした」という本。

続きを読む "まんがで知る教師の学び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月22日 (火)

学校と一緒に安心して子どもを育てる本

「学校と一緒に安心して子どもを育てる本 小学生保護者の心得」多賀一郎:著(小学館)

 本書はサブタイトルに「小学生保護者の心得」とある通り、小学生のお子さんを持つ保護者向けの本です。乳幼児を持つお子さん向けにはたくさんの育児書が出ているものの、小学生の親向けとなると「お勉強のさせ方」「お受験のノウハウ」みたいな本ばかりになってしまいます。

 

続きを読む "学校と一緒に安心して子どもを育てる本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月20日 (日)

お肉やわらかの素

「味の素 お肉やわらかの素 50g×2個」

 この調味料は、日経ビジネスに掲載されていたので興味を持ちました。味の素社が現在力を入れているアミノ酸技術の粋を集めた調味料ということで。鶏肉、豚肉、牛肉どれでもやわらかく、しかもおいしくする調味料だと説明があったものの、正直「話半分じゃないの」と思っていました。
 ところが実際に使ってみて、あらびっくり。スーパーの安い肉が、高級肉に早変わり。とってもおいしくなりました。

続きを読む "お肉やわらかの素"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月19日 (土)

総合教育技術 2016年 04 月号

「総合教育技術 2016年 04 月号」(小学館)

 今月の特集は「アクティブラーニング年間計画」です。これも注目の内容ではありますが、まず目を引いたのが創刊70周年企画の口絵記事でした。
 70年というのは、人の一生にも相当する長い年月です。栄枯盛衰の激しい雑誌界にあって、これだけ長く続いているということは、それだけで価値があります。時代時代に活躍された教育者たちのことばは、今でも力を失っておらず、教育界の不易流行を感じる企画になっています。この部分だけでも読む価値があるでしょう。

続きを読む "総合教育技術 2016年 04 月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月14日 (月)

小泉今日子書評集

「小泉今日子書評集」小泉今日子:著(中央公論新社)

 タレントさんが書いた書評集ということで、本書を書店で見つけたときは、正直上から目線で手に取りました。「書評はそう簡単じゃないぞ」と。しかし、立ち読みで「はじめに」を読んだだけで、衝撃を受けました。
 ここには、本を読むようになった経緯、そして、久世光彦さんに師事した経緯が、ごく自然な形で書かれていたからです。さらには、こんな言葉で結ばれていました。

続きを読む "小泉今日子書評集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

リーダー論

「リーダー論」高橋みなみ:著(講談社AKB48新書)

 高橋みなみさんと言えば、有名アイドルグループの「総監督」として知られています。「総監督って何?」と思いますよね。実際、当の高橋さんも、最初はそう思われたと書いています。

続きを読む "リーダー論"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 3日 (木)

小学校各教科「評価・評定」のすべて

「観点別でよく分かる! 小学校各教科「評価・評定」のすべて (はじめての学級担任)」岡田広示:著(明治図書)

 「評価」と「評定」の違いは何か、と問われて即座に明確に答えられる先生はどれくらいいるでしょうか。教育活動に限らず、企業活動でも評価は非常に大切なのですが、業務の忙しさにかまけて、つい忘れてしまうのがこの視点でもあります。
 本書の白眉は、小学校の全教科について評価の観点と評価方法を網羅していることです。これには大きく二つのメリットがあると思われます。

続きを読む "小学校各教科「評価・評定」のすべて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »