« USBメモリセキュリティ | トップページ | 数学を志す人に »

2016年4月 3日 (日)

文房具図鑑

「文房具図鑑 その文具のいい所から悪い所まで最強解説」山本健太郎:著/イラスト(いろは出版)

 小学生が書いた(描いた)文具図鑑ということで話題になった本書。表紙の絵がかなり期待できる感じだったので、すぐに購入しました。読む、というよりは、一通り目を通してみたところ、予想を遙かに上回るクオリティで、驚きました。

 何が凄いかというと、まず絵の緻密さと、解説の文章です。その「文房具愛」が凄すぎて圧倒されます。
 左は本書の見開きを撮影した写真です。上部は著者の山本君が描いた部分で、下部が編集者が追加した部分、という構成になっています。

Photo

 ご覧の通りテープ糊やペンが、ほぼ実物大で精密に描かれていていることに圧倒されます。すごいのが、フエルトペンの「マッキー」を極細と極太を比較しているところ。商品特徴が一発でわかります。
 こういう説明の仕方はプロにはなかなか考えられません。

 イラストも凄いのですが、本当にどこで調べたんだろうというくらい、マニアックな説明もつけられています。これが読んでいて実に面白いのです。良い点だけでなく、欠点にまで言及されているところも興味深い。
 そしてこのコメントをさらに魅力的にしているのが、ページ下部に掲載されている、メーカー各社のコメントです。メーカーの人も一様に山本君の着眼点に驚いているのが印象的でした。メーカーからのコメントは、巻末にも一覧で掲載されています。

 このように図鑑のページも楽しいのですが、文房具クイズがあったりマンガがあったりと、書籍編集もなかなか凝っています。

Photo_2

 これだけの「図鑑」を描いたので、本人も非常に気に入ったのか、裏表紙には定価として「3兆円」と書いてあります(笑)。出版社の編集の方もそれにのっかって、帯には「驚きのプライスダウン!」と書いてあります。
 これを見ればわかる通り、著者の山本君の力も凄いのですが、商品として仕上げるために、編集の方がとても楽しんでいらっしゃるように感じます。これがすばらしい。
 近頃は、本への愛が感じられない本が少なくないですが、本書は、プロの編集者とアマチュアの小学生が見事にコラボした書籍です。感動しました。

|

« USBメモリセキュリティ | トップページ | 数学を志す人に »

評論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63424187

この記事へのトラックバック一覧です: 文房具図鑑:

« USBメモリセキュリティ | トップページ | 数学を志す人に »