« 小1担任の指導の極意 | トップページ | 母親やめてもいいですか »

2016年6月 6日 (月)

有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む

「有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。」ドリヤス工場:著(リイド社torch comics)

 有名な文学を漫画で読むという企画は、少し前から一定の人気を博してきました。本書は、それをさらにもう一歩進めて、名作の要約を漫画で読むというものです。まさにタイトルそのもの。古今東西、全部で25もの文学作品を扱っています。

 本書の作者は「ドリヤス工場」となっていますが、ご覧の通り画風は水木しげるさんそっくり。この画風のせいか、採り上げられている作品は「変身」(カフカ)、「人間失格」(太宰治)、「蒲団」(田山花袋)など、ちょっと暗めの作品が多いです。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 小1担任の指導の極意 | トップページ | 母親やめてもいいですか »

まんが」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63729431

この記事へのトラックバック一覧です: 有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む:

« 小1担任の指導の極意 | トップページ | 母親やめてもいいですか »