« 作文指導のネタ事典 | トップページ | 変わる学校変わらない学校 »

2016年7月 2日 (土)

実践教育法規2016

「実践教育法規2016 総合教育技術 増刊」

 毎年発行されているこの増刊、今回も素晴らしい内容でした。以前よりも、総合教育技術本誌との連携が深まった気がします。

  • 子供の貧困への対処
  • ・チーム学校の構築
  • カリキュラムマネジメントの推進
といった冒頭の「特別企画」に取り上げられている内容は、いずれも本誌の特集で扱ってきた内容です。これを再度法規的側面から押さえていました。それだけでなく、「教科書採択」「政治的中立」など、時事問題についてもちゃんとおさえています。このあたりは、管理職試験でも問われる内容かも知れません。行政職の方にとっては、議会答弁の際に必要となることでしょう。

 「特別企画」の後半は、先生の激務と休暇制度についてです。他の職業と比較して、先生方には様々な種類の休暇制度が用意されているにもかかわらず、制度が周知されていない場合もあるとも聞きます。本誌に掲載された休暇制度一覧は、そういう意味でも意義深いのではないでしょうか。
 それから巻末企画の「教育法規・教育行政の戦後70年」という記事も重要だと思いました。学校教育は「点」ではなく「線」で行われているわけですから、管理職の方は歴史を知っておく必要がある、という企画でしょう。学校教育には、実に様々な法律が関係しているのだと思い知らされます。

 管理職、行政職の方はもちろん、学校リーダーの方には必携の一冊と言えるでしょう。

|

« 作文指導のネタ事典 | トップページ | 変わる学校変わらない学校 »

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63857956

この記事へのトラックバック一覧です: 実践教育法規2016:

« 作文指導のネタ事典 | トップページ | 変わる学校変わらない学校 »