« きみはいい子 | トップページ | 戦後入門 »

2016年7月29日 (金)

ボロ

「ボロ」いそみゆき:著/長新太:絵(ポプラ社)

 長新太さんというと、ナンセンスなイラストが有名ですが、本書では繊細で味のあるイラストを提供しています。本書は、比較的文字量の多い絵本。

 クラスでひとりぼっちの「わたし」が、学校に迷い込んできた犬と出会うところから物語は始まります。「わたし」はいじめられていました。犬をボロと名付け世話をするのですが……。
 涙無しには読めないラストではありますが、何度も読み返したくなる絵本です。

|

« きみはいい子 | トップページ | 戦後入門 »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63975950

この記事へのトラックバック一覧です: ボロ:

« きみはいい子 | トップページ | 戦後入門 »