« 総合教育技術08月号 | トップページ | ボロ »

2016年7月28日 (木)

きみはいい子

「きみはいい子」中脇初枝:著(ポプラ文庫)

 近頃映画化されたことから、本書をご存じの方も多いかと存じます。同じ町、同じ雨の日の午後を描く5篇からなる連作の短篇集です。冒頭の「サンタの来ない家」は、新任教師による学級崩壊の物語。そのリアルさ故に読み進めるのがつらいものがあります。

 以後「べっぴんさん」「うそつき」「こんにちは、さようなら」「うばすて」と続く物語が描き出すのは、すべて家族が抱える問題。いや、社会が抱える問題と言ってもよいかもしれません。作者は、それを鮮やかに描き出しつつ、決して絶望にはまとめず、希望の光を与えています。

|

« 総合教育技術08月号 | トップページ | ボロ »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/63975940

この記事へのトラックバック一覧です: きみはいい子:

« 総合教育技術08月号 | トップページ | ボロ »