« ボディタオルの決定版 | トップページ | ウェブでメシを食うということ »

2016年8月 8日 (月)

書かない自分史

「書かない自分史 新しい自分史のつくり方~提案と実例28」倉林奈々子/野見山肇:著(ぴあMOOK)

 社会の平均年齢が上がってきているせいか、自分史づくりが人気なのだそうです。学校の先生でも、退職をきっかけにして自分史を自費出版される方は、以前からかなりいらっしゃいました。

 そんな中で本書は「書かない自分史」を提案しています。むろん何も書かなかったら本にはならないわけなので、本書での「書かない」という意味は、「たくさん書かない」という意味のようです。この「たくさん書かない」という提案は、作文指導の日常化にも使えるのではないかと考えました。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« ボディタオルの決定版 | トップページ | ウェブでメシを食うということ »

雑学・サブカルチャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64006548

この記事へのトラックバック一覧です: 書かない自分史:

« ボディタオルの決定版 | トップページ | ウェブでメシを食うということ »