« 子どもの哲学 | トップページ | 一瞬で本音を聞き出す技術 »

2016年8月17日 (水)

U-40教育技術増刊

「U-40教育技術 2016年 09 月号 [雑誌]: 総合教育技術 増刊」(小学館)

 増刊号のテーマは「自分が育つ、若手を育てる「共育」をどう実現する?」です。40歳以下の先生の数が全国的に少ない中で、彼らには、若手教師を育てるという役割が否応なく降りかかります。
 若手と一緒に学んで成長したいという方もいるでしょうし、自分も学んでいる過程の中で、育てるどこではない、という気持ちもあるでしょう。そういう難しい世代のにある、20人あまりの先生たちが、そうした悩ましい気持ちを素直に書いている増刊号です。

 ただ、これだけ書き手が揃うと、正直ちょっと食傷気味になります。何を書いているのかよくわからない文章もありましたし(笑)。
 それに「共育」がテーマなのであれば、他の世代からU-40がどう見えるかという視点があっても良かったのかなと思います。特に若い先生方はどうみているのか、というのは、ベテラン世代も含め、興味のあるところなのではないでしょうか。

 全体としてU-40という企画は非常にユニークな視点だと思いますので、もし今後継続されるのであれば、該当する世代だけで執筆というスタイルを変更してはどうかと思いました。

|

« 子どもの哲学 | トップページ | 一瞬で本音を聞き出す技術 »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64053261

この記事へのトラックバック一覧です: U-40教育技術増刊:

« 子どもの哲学 | トップページ | 一瞬で本音を聞き出す技術 »