« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

レモンをお金にかえる法

「新装版 レモンをお金にかえる法 ”経済学入門”の巻」ルイズ・アームストロング:著/ビル・バッソ:絵/佐和隆光:訳(河出書房新社)

「新装版 続・レモンをお金にかえる法 ”インフレ→不況→景気回復”の巻」ルイズ・アームストロング:著/ビル・バッソ:絵/佐和隆光:訳(河出書房新社)

 本書の帯には「絵本で読む経済学のしくみ」と書いてあります。まさに経済学の入門書です。絵本という形式を使い、子供にも分かるように書いてあるものの、決して子供向けというわけではありません。レモンを媒介として端的に説明されている、経済の仕組みは、大人でも「なるほど」がずいぶんあるかと思います。

続きを読む "レモンをお金にかえる法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

実践学校カウンセリング2016

「実践学校カウンセリング2016 (総合教育技術 増刊)」(小学館)

 本書は「総合教育技術増刊」となっていることと、「カウンセリング」となっていることから、読むまでは、管理職や教育委員会の方向け、もしくは学校カウンセラーの人向けの本なのかと思っていました。確かにそういう側面はあるものの、本書は、小中学校で担任を持つ先生なら、一通り目を通しておいた方がいい内容となっていました。

続きを読む "実践学校カウンセリング2016"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

「接続詞」の技術

「「接続詞」の技術」石黒圭:著(実務教育出版)

 「接続詞の技術」といわれて、瞬間的に「お、役立ちそうだ」思う人は、そう多くはありません。ほとんどの人は、「文法の時間に習ったあれね。文と文をつなぐんでしょ。」という感覚でしょう。

続きを読む "「接続詞」の技術"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月17日 (月)

「アクティブ・ラーニング」を考える

「「アクティブ・ラーニング」を考える」教育課程研究会:編(東洋館出版社)

 2014年の「文部科学大臣諮問」以降、学習指導要領改訂に向けて、教育界では「アクティブ・ラーニング」という言葉が大いに喧伝され、この言葉を冠した書籍が多数発行されています。それぞれ大切な視点が示されているとは思うものの、特定の視点から書かれたものが多いことでしょう。

続きを読む "「アクティブ・ラーニング」を考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

総合教育技術2016年11月号

「総合教育技術 2016年 11 月号」(小学館)

 中央教育審議会答申が目前に控えていると言うことで、今回は「次期学習指導要領 求められる「授業」と「評価」の具体像」が第1特集、それから「特別の教科」となる道徳の「評価」についてが第2特集となっています。こうしたタイムリーな企画は、月刊誌ならでは。非常に興味を持って読み始めることができました。

続きを読む "総合教育技術2016年11月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月10日 (月)

ベターッと開脚できるようになるすごい方法

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」Eiko:著(サンマーク出版)

 いま、静かな開脚ブームなんだそうで、本書も書店で平積みされていました。いつもなら、本書のような蛍光ピンクで印刷されたタイトルを見ただけで敬遠してしまうのですが、今回は買ってみることにしました。体が硬すぎてあちこち体に不具合が出てきたからです。

続きを読む "ベターッと開脚できるようになるすごい方法"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

暮しの手帖84

「暮しの手帖84 10~11月号」(暮しの手帖社)

 もちろん朝ドラの影響で購入しました。約30年ぶりの購入です。こうして永く続いている雑誌というのは、それだけで価値があると言えるでしょう。購入し続けている読者が一定数居続けているということですから。すばらしいことです。
 記事の構成やページのデザインなどは、昔とあまり変えていないように思います。広告が掲載されていないのも同じ。ずっと継続購読されている読者が多いのでしょう。

続きを読む "暮しの手帖84"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

民主主義

「民主主義 〈一九四八‐五三〉中学・高校社会科教科書エッセンス復刻版」文部省:著/西田亮介:編(幻冬舎新書)

 本書はサブタイトルにもある通り、1948~58年に中学・高校用社会科教科書として使われた「民主主義」という本の抜粋版です。もとの本は上下巻に分かれ、非常に分量が多いことと、内容的に古くなってしまった記述があることから、編者の西田さんが抜粋して編集したそうです。抜粋とはいえ250ページ以上もある大作ですが。

続きを読む "民主主義"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »