« 「アクティブ・ラーニング」を考える | トップページ | 実践学校カウンセリング2016 »

2016年10月24日 (月)

「接続詞」の技術

「「接続詞」の技術」石黒圭:著(実務教育出版)

 「接続詞の技術」といわれて、瞬間的に「お、役立ちそうだ」思う人は、そう多くはありません。ほとんどの人は、「文法の時間に習ったあれね。文と文をつなぐんでしょ。」という感覚でしょう。

 「いやいやそれは違います」というのが著者の考えです。本書の「はじめに」には、接続詞の特徴と本書の意義として次のようなことが書かれていました。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 「アクティブ・ラーニング」を考える | トップページ | 実践学校カウンセリング2016 »

教養書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64355895

この記事へのトラックバック一覧です: 「接続詞」の技術:

« 「アクティブ・ラーニング」を考える | トップページ | 実践学校カウンセリング2016 »