« 暮しの手帖84 | トップページ | 総合教育技術2016年11月号 »

2016年10月10日 (月)

ベターッと開脚できるようになるすごい方法

「どんなに体がかたい人でもベターッと開脚できるようになるすごい方法」Eiko:著(サンマーク出版)

 いま、静かな開脚ブームなんだそうで、本書も書店で平積みされていました。いつもなら、本書のような蛍光ピンクで印刷されたタイトルを見ただけで敬遠してしまうのですが、今回は買ってみることにしました。体が硬すぎてあちこち体に不具合が出てきたからです。

 本書によれば「だれでも1か月でベターッと開脚できるようになる」のだそうです。しかし、初めて三日目になる本日、どうもそんな感じはありません(笑)。それと、開脚の方法についてのページは本書の四分の一ほどで、あとは、「開脚小説」と銘打たれた、よくわからないお話が書いてあります(笑)。

 まあ、そのお話部分は読み飛ばして、マニュアルを購入したと思えばそれでいいのでしょうけれども、それに1400円以上かけるというのは、ちょっとどうなんだろうと思いました。それよりも、体が柔らかくなるためのメカニズムとか食事とか生活習慣なんかを丁寧に解説してくれた方が良かったのになと思います。

20161010_085207

 ただ、唯一本書でおもしろいなあと思ったのは、その造本です。開脚本だけに、ページがベターッと開くのです。きれいに開きます。これはコンセプトを合わせたという部分もあると思いますが、それ以上に、本書を見ながら体操をするときに大変使いやすいのです。おそらくこの製本方法では、破れやすくなってしまうので、どの本でもこのような製本方法を用いることは難しいと思います。それでも、最近は製本の技術がどんどん進んでいるんだなあと感動しました。
 しかしながら、私の体の硬さはまだ相当続きそうです。

|

« 暮しの手帖84 | トップページ | 総合教育技術2016年11月号 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64325666

この記事へのトラックバック一覧です: ベターッと開脚できるようになるすごい方法:

« 暮しの手帖84 | トップページ | 総合教育技術2016年11月号 »