« 実践学校カウンセリング2016 | トップページ | 詩ってなんだろう »

2016年10月31日 (月)

レモンをお金にかえる法

「新装版 レモンをお金にかえる法 ”経済学入門”の巻」ルイズ・アームストロング:著/ビル・バッソ:絵/佐和隆光:訳(河出書房新社)

「新装版 続・レモンをお金にかえる法 ”インフレ→不況→景気回復”の巻」ルイズ・アームストロング:著/ビル・バッソ:絵/佐和隆光:訳(河出書房新社)

 本書の帯には「絵本で読む経済学のしくみ」と書いてあります。まさに経済学の入門書です。絵本という形式を使い、子供にも分かるように書いてあるものの、決して子供向けというわけではありません。レモンを媒介として端的に説明されている、経済の仕組みは、大人でも「なるほど」がずいぶんあるかと思います。

 「”経済学入門”の巻」は、まさに入門編。「レモンをレモネードにして販売する」というところまでは、誰もが思いつくことでしょう。しかし本書では、その流れの説明に、「市場価格・初期投資・資本貸付け」といった経済学用語を巧みに割り当てています。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 実践学校カウンセリング2016 | トップページ | 詩ってなんだろう »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64401314

この記事へのトラックバック一覧です: レモンをお金にかえる法:

« 実践学校カウンセリング2016 | トップページ | 詩ってなんだろう »