« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

漢字の「読み方の新出」は何のため?

 小学校で学習する漢字は「教育漢字」といいます。現在は学習指導要領にて1006文字が定められ、学年ごとに習う漢字が決められています。しかし、これは学習する漢字を定めたものです。読み方の学習については、各教科書会社に任されています。それゆえ、以前は「下」という漢字をある教材で提出したら、「カ・ゲ・した・しも・くだる・さがる」など、すべての読みを学習したものとして扱う教科書が多くありました。

続きを読む "漢字の「読み方の新出」は何のため?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月28日 (月)

スクールプランニングノート 2017

「スクールプランニングノート2017 U (ユニバーサル版)」(学事出版)

 毎年おなじみ、先生向けのスケジュールノートです。この分野を切り開いてきた元祖と言ってもいい存在で、先生方への認知も定着してきたのではないでしょうか。
 毎年バージョンアップを重ね、校種別に内容を分けるなどの工夫をしてきた中で、今回はさらに大きな変更がありました。それは、ユニバーサル版ができたことです。このノートは他のと違ってA4版。ちょっと大きいノートです。

続きを読む "スクールプランニングノート 2017"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月24日 (木)

漢字の字形について

 漢字の字形指導についての話題です。漢字テストの採点などの際、「秋」などの部首である
「のぎへん」は、縦画を跳ねたものを正解としますか? それとも跳ねないものを正解としますか? また「きへん」は、どうでしょうか。
 これまで、この質問を多くの学校でして参りましたが、「のぎへんは跳ねる」「きへんは跳ねない」という方が多かったように思います。

続きを読む "漢字の字形について"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

あと1%だけ、やってみよう

「あと1%だけ、やってみよう 私の仕事哲学」水戸岡鋭治:著(集英社)

 本書の著者である、水戸岡鋭治さんは、JR九州で予約困難といわれる「ななつ星」という豪華クルーズ列車のデザインをした方です。書籍の帯には、水戸岡さんの柔和なお顔がモノクロ写真で掲載されています。

続きを読む "あと1%だけ、やってみよう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月17日 (木)

総合教育技術 2016年12 月号

「総合教育技術 2016年 12 月号」(小学館)

 今月号の総力大特集は「アクティブ・ラーニング時代の小中連携」となっています。次期学習指導要領が目指す新しい学びの姿を、小中連携においてどう実現するのか、「授業づくり」と「学校経営」の視点から考えています。
 冒頭はまず現状認識ということで、全国的に一般的になってきたと思われる、小中一貫校や併設校の実態がわかるデータを集めた記事でした。これは他地域の状況を知りたいと考える行政の方には有益な情報でしょう。それからすでに推進している学校や教育委員会に取材した、多様な意見が紹介されていました。ひとくちに小中連携のメリットといっても、その中身は実に多様なのだと思い知らされます。

続きを読む "総合教育技術 2016年12 月号"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月16日 (水)

蓄熱式湯たんぽ ヒツジ

「蓄熱式湯たんぽ ヒツジ EWT-1544HJ」

 ラジオショッピングで「人気商品」として紹介されていたので買ってみました。ラジオショッピングよりAmazonの方がだいぶ安かったです(笑)。
 暑がりの私も、湯たんぽなど無縁だったのですが、おっさんになって、寒さがこたえるようになりました。特に冷えるのが足。そこでこれを足下に置いたら便利かなあと考えた次第。

 購入して早速使い始めたところ、これが実に快適。たいして寒くもないのに使い続けてしまうしまつ。私の場合は、寝るときというよりは、夜の事務仕事の時、足下に置いて、足温器として使う場合が多いですが。

続きを読む "蓄熱式湯たんぽ ヒツジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

ことば遊びセレクション

「できる! つかえる! ことば遊びセレクション」向井吉人:著(太郎次郎社エディタス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 9日 (水)

がごめ納豆昆布

「がごめ昆布100パーセント使用納豆昆布」

 妻が買ってきたこの袋を見たとき、最初「かごめ昆布」と思いました。しかし良く見ると「がこめ昆布」でした。そういう昆布の種類みたいです。
 「納豆昆布」と大きく書いてあるので、てっきり納豆の味がするのかと思いきや、さにあらず。おいしい昆布の味。「納豆」というのは、粘りけが出てくるということの意味のようです。

続きを読む "がごめ納豆昆布"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 7日 (月)

詩ってなんだろう

「詩ってなんだろう」谷川俊太郎:著(ちくま文庫)

 このタイトルで、著者が谷川俊太郎さんであるということから、本書はどんな本だと想像されるでしょうか。普通は、難解な詩から児童詩まで多彩な作品を上梓してきた谷川さんが、ご自身の詩作について語った本ではないかと想像することでしょう。

続きを読む "詩ってなんだろう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »