« 石頭コンピューター | トップページ | 自分の顔が好きですか? »

2017年2月 6日 (月)

うつヌケ

「うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち」田中圭一:著(角川書店)

 本書の特徴を一言で言うなら、「うつ病を患った人の苦しみと、そこから抜け出した人々の様々な経験について、マンガで表現した本」ということになるでしょうか。

 まず、作者である田中さんご自身の「うつ経験」が詳しく語られ、その後田中さんがインタビューする形で、大槻ケンヂさん、代々木忠さん、宮内悠介さん、まついなつきさん、熊谷達也さん、内田樹さん他といった有名人の、多様な「うつ経験」が描かれる、という構成です。ひとくちに「うつ」と言っても、原因や症状はそれぞれなのだと気づかせてくれます。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 石頭コンピューター | トップページ | 自分の顔が好きですか? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64841465

この記事へのトラックバック一覧です: うつヌケ:

« 石頭コンピューター | トップページ | 自分の顔が好きですか? »