« 仕掛学 | トップページ | 想像力のスイッチを入れよう »

2017年3月 9日 (木)

教室の整理・収納・動線のルール

「学級が落ち着く 教室の整理・収納・動線のルール」安村晃子:著(学事出版)

 本書はタイトルの通り、小学校の学級の整理整頓のポイントとルール、コツを解説した本です。教室の整理整頓をしておくことは、しつけや道徳的な意味ではなく、それによって学級が落ち着くといいます。

 整理整頓のポイントとルール、コツは、基本的に見開きで解説されており、図版や写真がふんだんに使われているので非常に分かりやすいです。さらに表紙を開いてすぐの口絵部分にはカラー写真が使われていて、カラー出ないと伝わらない、色遣いのコツなどが示されています。
 教室を整理していきたいと考えている先生にはとても参考になる一冊ではないでしょうか。

 ただ、少し残念なのは「なぜ教室を整理整頓するとクラスが落ち着くのか」ということの理路が、少し弱いように感じました。著者は現役の先生のようですから、子供の態度変容など、具体的な事例を示していくことはできたと思われるのに残念です。

|

« 仕掛学 | トップページ | 想像力のスイッチを入れよう »

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/64969177

この記事へのトラックバック一覧です: 教室の整理・収納・動線のルール:

« 仕掛学 | トップページ | 想像力のスイッチを入れよう »