« 総合教育技術 2017年 05 月号 | トップページ

2017年4月17日 (月)

いじめの構造

「いじめの構造」森口朗:著(新潮新書)

 本書の帯には「教室を蝕むスクールカーストとは何か?」とあり、カーストが低いといじめに遭いやすいといった文言が引用されています。しかし、これは本書の価値を表現していません。(現在発売されている本には、この帯がついていない可能性もあると思いますが)

 本書はタイトル通り、いじめの諸相とその発生原因、解決への道筋を示した本です。著者の森口さんは現場にも出向いていると思われ、先行研究にもていねいにあたっているので、いじめを構造的に捉えることができたのでしょう。いじめへの対応についての議論は、得てして情緒的になってしまいがちな中、貴重な提言が含まれていると感じます。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« 総合教育技術 2017年 05 月号 | トップページ

教育書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/65157705

この記事へのトラックバック一覧です: いじめの構造:

« 総合教育技術 2017年 05 月号 | トップページ