« ICTが授業を悪くする? | トップページ | 大人を黙らせるインターネットの歩き方 »

2017年7月 3日 (月)

思春期にがんばってる子

「思春期にがんばってる子―お母さんもお父さんも、おまえのことが大好きだよ。たとえ学校へ行けなくても、おまえは、とってもいい奴だよ。」明橋大二:著(1万年堂出版)

 不登校や引きこもり、いじめや家庭内暴力など、子供たちを巡る悲しい問題は、しばしばニュースや話題になります。その問題に、どう向き合えば良いのか、当事者や親はもとより、先生方も心痛めているのではないでしょうか。

 本書をお書きになった明橋さんは、精神科のお医者さんです。辛い思いを抱えているお子さんと長年向き合って来られた方。本書は、そうしたお子さんや親御さんのエピソードを具体的に紹介しながら、「甘えと自立」「依存と自立」という、2つの視点から対応策を探っていこうとしています。

続きは教職ネットマガジンにて

|

« ICTが授業を悪くする? | トップページ | 大人を黙らせるインターネットの歩き方 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29188/65470049

この記事へのトラックバック一覧です: 思春期にがんばってる子:

« ICTが授業を悪くする? | トップページ | 大人を黙らせるインターネットの歩き方 »